【2020年】ビジネス英語が学べるオンライン英会話ランキング

来月からオンライン英会話でビジネス英語を習いたいと思っています。どこがいいのか詳しい人いたら教えてほしいです!


こんな疑問にお答えします。

この記事でわかること
  • ビジネス英会話を学べるおすすめオンライン英会話

この記事を書いている私はフィリピン在住、英語で仕事をして3年。留学経験等はなく、日本でオンライン英会話などで英語力をつけてきました。

オンライン英会話歴
  • オンライン英会話レアジョブ歴1年、ネイティブキャンプ4ヵ月
  • オンライン英会話無料体験(ビズメイツ、キャンブリー、産経オンライン英会話、DMM英会話、エイゴックス)


ビジネス英語に特化して英会話の練習をするのは英会話を身につける方法として効率が良い方法です。

ビジネス英語では話題は限られるし、後でトラブルにならないように、わかりやすく話すほうが良いので範囲を絞って勉強しやすいからです。

この記事ではビジネス英語に特化して学ぶことができるオンライン英会話をランキング形式で解説していきます。どれも無料体験レッスンができるので、自分に合うかを確認することができるので安心です。

「転職が決まっていまのうちに仕事で使う英会話を身につけたい」

「急に仕事で英語を使うことになったけどどうしよう」

こんな悩みをお持ちの方も、ビジネス英会話を身につけてまわりをびっくりさせてやりましょう。それではいきましょう!

ビジネス英語が学べるオンライン英会話ランキング

ビジネス英語が学べるオンライン英会話ランキングです。全て私が実際に経験したことがあるオンライン英会話ですので自信をもっておすすめできます。

Bizmates(ビズメイツ)

ビジネス英会話特化のオンライン英会話といえばビズメイツ。ビジネス英語、コミュニケーションスキル、多様性の理解、リーダーシップ、自分らしさを表現することが考えられたオリジナル教材で効率的に英語が学べます。

レアジョブ

オンライン英会話業界のリーダーレアジョブ。レアジョブのビジネス英会話コースはビジネスシーンで使われる英語に特化したオリジナル教材で、一般講師から厳選されたビジネス認定講師から学べます。

ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプは24時間回数無制限の予約なしで英会話ができるので短期集中、低価格でビジネス英会話を身につけたい方におすすめ。ビジネス英語教材を使ってビジネス英語に特化したレッスンが受けられます。

産経オンライン英会話

産経オンライン英会話のビジネス英会話教材はTOEIC300点台から900点まで幅広く用意。平日レッスンを受けるのが難しい方は金・土・日で集中してレッスンできる週末プランが魅力。大手のブランド力と、価格は最安値クラス、安心して受けられます。

Cambly (キャンブリー)

キャンブリーは24時間予約なしでいつでもネイティブと英会話ができるのが魅力。すでにビジネス英会話の経験があるけど、こんなときネイティブならどんな表現使うの?を知りたい向上心の高い方はキャンブリーがおすすめ。

ランキング5校の比較表

ランキング5校の比較表を用意しました。

Bizmates(ビズメイツ)レアジョブネイティブキャンプ産経オンライン英会話Cambly(キャンブリー)
料金プラン(税込)毎日25分 12,100円
毎日50分 18,150円
毎日25分 10,780円6,480円(レッスン無制限)毎日25分:6,090円
毎日50分:9,981円
週末毎日50分:6,090円
例)30分週5回コース約16,000円
※3ヵ月、12ヵ月契約の割引あり
※週2/3/5回、1回15分・30分・50分から選択
講師国籍フィリピンフィリピン100ヵ国フィリピンネイティブ
講師数1,000人(19.03.04時点)6,000人(20.5時点)12,837名(19.12時点)346名(2020/7調べ)10,000人
開講時間毎日5~25時毎日6時~深夜25時24時間5時~25時24時間
レッスン受講形式マンツーマン、予約制(5分前まで予約可能)マンツーマン、予約制(5分前まで予約可能)マンツーマン、予約不要マンツーマン
予約30分前まで可
マンツーマン、予約不要、予約も可
無料体験レッスン25分1回25分2回
日本人カウンセラーによるカウンセリング
7日間、無制限2回15分
Skype or 専用アプリSkypeでレッスン専用アプリ(レッスンルーム)
Skypeのどちらかでレッスン可能
専用アプリ(PC、スマホアプリ)Skype専用アプリ
公式サイト >> ビズメイツ公式サイト >> レアジョブ公式サイト >> ネイティブキャンプ公式サイト>> 産経オンライン英会話公式サイト >> Cambly(キャンブリー)公式サイト

ビズメイツとレアジョブはビジネス英会話特化コースがある

ビズメイツはそもそもビジネス英会話に特化したオンライン英会話。レアジョブはビジネス英会話に特化したコースを提供しています。

どちらも魅力的ですが、とことんビジネス英会話に特化したビズメイツをイチオシとしました。価格を重視する方はレアジョブが少しお得です。
>> レアジョブ公式サイト


また、ビズメイツはYoutubeで英語メールの書き方講座をやっていて全部みるのに8時間くらいかかる動画があり、それがとても勉強になるんです。こんな動画です。

英語メールの書き方:「期限のリマインドをする」Bizmates E-mail Picks 1

この動画、2020/7現在、153個もあるんですよ。すごくないですか?すぐに使えるネタばかりで有益です。こういう動画を作る会社ですから教材も期待できますよね。

英語の上手な私の取引先が毎日ビズメイツで英会話レッスン受けていてとてもいいとおすすめされたこともありますし、ビジネス特化ならやっぱりビズメイツでしょう。
>> ビズメイツ公式サイト

ネイティブキャンプは時間のとれる方におすすめ

レッスン回数無制限で24時間英会話ができるネイティブキャンプは、時間が取れる方にはこんなにコスパのいいオンライン英会話はありません。


ビジネスコース(全111レッスン)という教材があり、そちらを使ってレッスンを短期集中で学ぶのもありです。
>> ネイティブキャンプ公式サイト

産経オンライン英会話は平日レッスンが受けられない方に

産経オンライン英会話は金・土・日に集中レッスンが受けられるプランがあります。平日時間が取れない方はそこでビジネス英会話教材を使ってレッスンを受けるのもありです。

価格も5つのなかで最安です。
>> 産経オンライン英会話公式サイト

キャンブリーは上級者向け、ネイティブなら何て言う?の確認

ビジネス英会話もある程度慣れてくると、ライバルと差をつけるもっといい言い回しはないものか、もっと相手の心に響くフレーズはないものか、知りたくなるもの。


そんなときはネイティブに相談。キャンブリーは講師が全てネイティブ。もちろんビジネス英会話向け教材も準備されてるので、ビジネス会話をネイティブから学びつつ、ネイティブならではの自然な気の利いた言い方を習って、まわりと差をつけられたらニヤッとしちゃいますよね。
>> Cambly(キャンブリー)公式サイト

ビジネス英語特化は結果が見えやすい

Background vector created by macrovector – www.freepik.com

「仕事で英語を使う」というはっきりとした目標があるので、学ぶ内容もしぼれるし、英語を使う仕事をする方なら平日仕事中に成果を確認できるので、結果が見えやすいのがいいところ。

英語を使って仕事をするって結構やればできるもんですよ。通訳とかは別ですよ。

何か専門の仕事があって、例えば、営業、事務、技術職なんでもいいですが、本職がありつつ、それを英語でやるって、勉強して、慣れればできます。

私は25歳でTOEIC300点、そこから英語を勉強してTOEIC800点をとり転職、以来英語を使って仕事をしています。当然私もはじめは相手の言っていることが全然理解できなくて毎日やばいと思いながら仕事してました。

でも2,3ヵ月後にはそこそこ慣れてきました。というのも仕事で使う英語、ビジネス英会話は結構パターンが決まっていて、話す内容も偏ってるんです。

もちろん外国人と仲良くなったり、気の利いたことを言えるようになるには時間がかかりますが、ひとまず仕事で使う範囲なら慣れればなんとなかなる。

ビジネス英語に慣れたら、例えばランチ中に外国人の同僚と話すなかで日常会話を学んだり、どんどん広げていけばいいんです。

ビジネス英語に特化して英会話を学ぶのは効率的でよい方法です。まずは無料で勉強できるYoutube動画や無料体験レッスンからはじめてみることをおすすめします。

まとめ

この記事をまとめます。

ビジネス英会話でおすすめのオンライン英会話

以上です。最後までありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました