産経オンライン英会話Plusの評判は?実際に受講した感想と口コミ

Online Lessons

産経オンライン英会話Plusは産経グループが運営するオンライン英会話です。
2020年8月に従来の「産経オンライン英会話」に加えて「産経オンライン英会話Plus」が新たにできたばかりの新しいサービスです。

  • フィリピン人講師のみ → ネイティブと日本人も選べるようになった
  • Skype レッスン → 専用アプリ でレッスンが受けられるようになった
  • コイン制になり、使わなかったコインは翌月振替や家族に分けられるようになった

なんか良さそうですよね?
いい感じにバージョンアップされているような雰囲気を感じます。


新サービスになってどんな感じに変わったのかを実際に確かめてみましたので、これから産経オンライン英会話Plusを試してみようと思う方の参考になるとうれしいです。

正直に言うと、前に「産経オンライン英会話」のレッスンを体験したときに思ったことは、産経という大手グループで安心というところはいいんですが、他社と比較してここはいいなという推しポイントがないなと感じてました。でも今回新しく変わりましたので楽しみです。

この記事でわかること
  • 産経オンライン英会話Plusの感想・口コミ

この記事を書いている私は25歳でTOEIC300点、そこから英語を独学と英会話で勉強しはじめて30歳でTOEIC800点。今はフィリピンで英語を使って仕事をしており、たまに通訳を任されたりしています。

オンライン英会話経験
レアジョブ、ネイティブキャンプ、DMM英会話、Bizmates、Cambly、エイゴックス、産経オンライン英会話Plus、Weblio、スパトレ、EFイングリッシュライブ、クラウティ、Kimini


先に公式サイトを確認したい方はこちらから

産経オンライン英会話Plusになって変わったところ

まず何が変わったのか?を公式サイトからまとめます。

大きな変化は3つ。

  • レッスンがコイン制になり使わなかったコインは繰越 や 家族で共有できるように
  • 専用アプリでスカイプ不要
  • フィリピン人講師以外にもネイティブや日本人を選べるように

なかなかよさそうですよね。そのほかの変更はこちら。

  • 料金がちょっと高くなった 6,090円 → 6,380円
  • 予約が5分前までできるようになった

ざっくりというと上記のようにアップグレードされました。

産経オンライン英会話Plusの評判は?実際に受講した感想と口コミ

新しくなった産経オンライン英会話Plusを実際に受けた感想をまとめます。

メリット
  • 余ったコインを家族にシェアできるのでムダにしないですむ
  • ネイティブとも体験レッスンができる
  • 産経オンライン英会話を試したことがある人でもまた無料体験が可能!
  • クレジットカード情報登録なしで無料体験が2回できる
  • サイトが使いやすくなった
デメリット
  • 旧サービスより料金が高くなった
  • ネイティブ講師、日本人講師の充実はこれからに期待!

これらを解説していきます。

余ったコインを家族にシェアできるのでムダにしない

産経オンライン英会話Plus(プラス)では、ひとつのアカウントでご家族5⼈までサブアカウントを設定し、ご家族でコインを共有することができます。

引用元:産経オンライン英会話Plus サブアカウント

なかなか毎日オンライン英会話を続けることってできないとおもうんです。
そんなとき家族にシェアできたら無駄遣いにならずに効率よくできていいですよね。

子供にも週に1回は英会話をやらせたいな


毎日は無理でも週に1回くらい子供に英会話を習わせてあげたいと考える方も多いです。
子供が2人いても家族みんなで分けられるから月額6,380円でおさえることができるので、たくさんお金を使ってしまうことがないですよね。

ネイティブとも体験レッスンができる

無料体験でもネイティブ講師や日本人講師が選べるのがいいですね。
DMM英会話では無料体験でネイティブを選べないのでがっかりしたことがありますが、関係なく選べるのはうれしいです。

ただネイティブの人数は9月現在で6名のようでしたので、今後増えていくことを期待しましょう。


私はネイティブの先生を選んでみました。
日本に住んでいるカナダの先生で、だいぶ日本人の英語に慣れている先生を採用しているなと感じました。

産経オンライン英会話を試したことがある人でもまた無料体験が可能

私のように「産経オンライン英会話」の無料体験を試したことがある人でも、「産経オンライン英会話Plus」の無料体験が2回受けられます。
これうれしいですよね。私も早速受けちゃいました。
2回無料体験ができるので、1回はフィリピン人講師、1回はネイティブ講師にしてみました。

クレジットカード情報を登録しないで無料体験ができる

無料体験をするのにクレジットカードの登録などが必要ないので、安心して申し込むことができます。
クレカ登録が必要ないので、無料体験を気軽に受けられるのは良いですね。

サイトが使いやすくなった

「産経オンライン英会話Plus+」のサイトはかなり使いやすくなり、講師を選びやすくなりました!
前に「産経オンライン英会話」を使ったときに気になったのが、サイトの使いにくさ。
以下のような口コミを書いたんですが、新しいサイトでは、操作性が断然よくなっていました。

【従来の産経オンライン英会話での操作画面について】
例えば、開始時間で17時以降空いている講師を選ぼうと検索条件を設定して検索します。使う側からすると17時より後の時間が表示されると便利ですよね?しかし、実際の結果は、まず「5:00-11:55」「12:00-17:55」「18:00-24:55」という3つの時間帯になぜか区切られており、17時以降で検索すると、「12:00-17:55」の空き状況が表示されるので、12時から17時前までのいらない情報が先に表示されるので見にくい。また、検索ボタンを押して結果が表示されるのを待っているときに、見た目に変化がないので、動いてるのかわからないんですよね。

また専用アプリはオンライン英会話レッスンに特化されて作られているので使いやすいです。
先生の画面とチャットボックス、教材が一つの画面で見れるのが便利です。

スカイプを立ち上げたり、IDを登録したりする必要もなくめんどくさいことが減ってなによりです。

専用アプリの画面をご紹介するためのレッスン中のスクショを取り忘れてしまいました。無念です。

旧サービスより料金が高くなった

ここからはデメリットです。
従来 6,090円 → 新規 6,380円 に少しだけ値上げされました。

ちなみに従来サービスを使っている人たちも2021年4月にはPlusに統合されるそうです。

ネイティブ講師、日本人講師の充実はこれからに期待!

まだ講師の数が少ないし、ちょっと高い(必要コイン数が多い)かなと。
フィリピン人講師は1レッスン20コインなのに対して、ネイティブ、日本人講師は300コインが消費されます。
※給料20倍も違うの?・・・

6,380円のコースはコインを毎月620枚もらえます。
フィリピン人講師とのレッスンであれば31レッスン受けられるということですね。
※31×20=620コイン 

ネイティブや日本人講師は、300コイン必要なので、一気に半分のコインを使うことになります。
使い方としては、月一回ネイティブと力試しのためにレッスンして、あとはフィリピン人講師と二日に一回レッスンというやり方とかが良いかもしれません。

まとめ

産経オンライン英会話Plusは大手で安心の産経グループが提供するオンライン英会話です。

無料体験の感想
  • 余ったコインを家族にシェアできるのでムダにしないですむ
  • ネイティブとも体験レッスンができる
  • サイトが使いやすくなった

以上です。この記事が参考になればうれしいです。
>> 産経オンライン英会話 3ヶ月間集中プログラム公式サイト

タイトルとURLをコピーしました