産経オンライン英会話Plusの本音レビュー・口コミ評判のまとめ

産経オンラインPlus Online Lessons
公式サイトから引用

産経オンライン英会話は2020年8月にリニューアルして「産経オンライン英会話Plus」に変わりましたので、実際に無料体験をためした感想と、評判口コミ、どんな人におすすめか、おすすめではないのか、についてまとめていきます。

私はこれまでに13社のオンライン英会話のレッスンを受けてきているので、他社との比較をまじえ、正直に感想を書いていくので、少し辛口になるかもしれません。

この記事でわかること
  • 産経オンライン英会話Plusの変わった点
  • メリットデメリット
  • どんな人におすすめで、どんな人にはおすすめではないのか

この記事を書いている私は25歳でTOEIC330点から独学と英会話をはじめ、33歳でTOEIC820点。現在はフィリピンで英語を使って仕事をしており、社内では通訳を任されることもあります。

\ 産経オンライン英会話plusの無料体験は4回まで!
先に公式サイトをみてみる /

産経オンライン英会話Plusの本音レビュー・口コミ評判のまとめ

産経オンラインPlus特徴
公式サイトから引用

産経オンライン英会話Plusは産経グループが運営するオンライン英会話です。まずリニューアルして何が変わったのか?ですが、下記のようなアップデートがありました。

産経オンライン英会話Plusリニューアルのポイント

産経オンライン英会話Plusのポイント
  • コイン制に変わり余ったコインは翌月に持ち越せるようになった
  • レッスンを家族にシェアできるようになった
  • フィリピン・ネイティブ・日本と講師が多国籍になった
  • 専用アプリでレッスンできるようになりスカイプが不要になった
  • 英語以外にも中国語も学べるようになった

こちらの公式動画もわかりやすいです。

正直リニューアル前は、特徴がはっきりしないオンライン英会話だったんですよ。でも今は、だいぶ特徴が出て、他のオンライン英会話に比べてお得なところも出てきて人におすすめしやすくなりました。

具体的には、

  • 未使用コインの翌月持ち越し
  • 1人の受講料で家族6人までレッスンシェア可能
  • フィリピン人だけではなく、ネイティブ、日本人講師が選べる
  • スカイプを使わなくてよくなった
  • 月10回プランができた

具体的な新旧の比較です。

公式サイトから引用

予約が30分前→5分前まで予約できるようになり便利になりました。ただしいろいろパワーアップした分、今まで月額6,090円→6,380円に値上げになってしまいました。

私

Skypeから専用アプリになったり、講師の国籍が増えたり、Webサイトも使いやすくなってますし、値上げは仕方ないかなと。他大手オンライン英会話のレアジョブと同額の値段設定なのでこの値段は妥当だと思います。

産経オンライン英会話Plusのメリットデメリット

産経オンライン英会話Plusのポイントを改めてメリットデメリットとしてまとめます。

産経オンライン英会話Plusのメリット
  • 家族6人でレッスンをシェアできる
  • 日本・ネイティブ・フィリピン・中国語講師と選べる
  • 教材が初級~上級者まで幅広く対応できている
  • 専用アプリのレッスン
  • 無料体験が再びできる&クレカ情報の登録必要なし
  • サイトが使いやすくなり講師選びが楽になった
産経オンライン英会話Plusのデメリット
  • ネイティブ・日本人・中国語講師は高いし、講師数も少ない

家族6人でレッスンをシェアできる

産経オンライン英会話Plus(プラス)では、ひとつのアカウントでご家族5⼈までサブアカウントを設定し、ご家族でコインを共有することができます。

引用元:産経オンライン英会話Plus サブアカウント

なかなか毎日オンライン英会話を続けることってできないですよね?お金払っているのに受けていないのってもったいない、と気になる方もいるはず。そんなとき家族にシェアできたらいいと思いませんか?

子供にも週に1回は英会話をやらせたいな

家族でシェアして有効活用できれば、せっかくお金払ったのにレッスン受けれなくてもったいないなあ、とストレスをためることもありません。

日本・ネイティブ・フィリピン・中国語講師と選べる

ネイティブ講師や日本人講師を選んでレッスンができます。無料体験でも同じく選ぶことができるので、実際に私もネイティブのカナダの先生を選びました。

日本在住の講師だったので、日本人英語に慣れている講師でした。

教材が初級~上級者まで幅広く対応できている

日常会話、ビジネス、TOEICなどの資格対策、産経新聞の英語記事など、初級~上級者までカバーした幅広い教材が無料で使えるのはいいところです。

家族でシェアできるといっても、初級レベルの教材がほとんどであった場合、実はうまく使いこなせないものです。例えば、お父さんは仕事で英語を使うので上級者を目指しているけど、他の家族はこれから英語を学ぶという場合。

恐らくお父さんにとってはやさしい教材ばかりになってしまい、物足りないものになると思います。だから、幅広いレベルに合った教材が選べるのは魅力です。

専用アプリのレッスン

Skypeの必要がなくなったのは大きいです。スカイプのインストールやIDを気にする必要がなくなります。

専用アプリのほうが画面に教材、チャット、講師の顔が一体となって効率的にレッスンできるし、大手オンライン英会話中心に少しずつ専用アプリ化が進んでいるので追従されていますね。

無料体験が再びできる&クレカ情報の登録必要なし

「産経オンライン英会話」の無料体験を試したことがある人でも、「産経オンライン英会話Plus」の無料体験が2回受けられます。これうれしいですよね。私も早速受けちゃいました。

無料体験が再びできたということと、無料体験にクレジットカードの登録が必要なかったところは忘れやすい方にはいいところです。

例えば当サイトでおすすめしている ネイティブキャンプ は7日間無料体験ができる代わりに、クレジットカード情報の登録が必要で、7日間以内に解約をしなかった場合、自動で引き落としされ有料会員になります。

ついつい忘れちゃう方にはクレカ登録必要なしはありがたいですね。

サイトが使いやすくなり講師選びが楽になった

こちら私の体感ですが、講師を選ぶ画面が新しくなったことで、すごく使いやすくなったと思います。

以前は、下まで講師一覧を見て、ボタンをクリックしたら、次のページの先頭に移動して講師リストから探す、と流れるのがスムーズだと思いますが、そこが違ったりと、使いにくいなという印象が強く残っていました。

現在は新しくなっただけあり、使いやすい画面になっています。

ネイティブ・日本人・中国語講師は高いし、講師数も少ない

フィリピン人講師以外を選ぶと、1回で月のコインの約半分を消費するので注意したいところ。

6,380円のコースはコインを毎月620枚。フィリピン人講師は1レッスン20コインなので31レッスン受けられます。ネイティブ、日本人講師、中国語講師は300コインが消費されるので、一気に半分のコインを使うことになります。

現状は価格差がかなりあるので、今後生徒と講師の数が増えて値段が下がることを期待しましょう。

また、ネイティブ講師は2020年9月現在で6名のみでしたので、こちらも今後に期待ですね。

産経オンライン英会話Plusの口コミ

ここでは実際に使っている人の口コミを確認してみましょう。探してみましたが、あんまり悪い口コミはまだありませんでした。

お気に入りの講師とのレッスンを続けて受けたい人は、コインが余計にかかってしまうけど、2枠予約することができるんですね。これはなかなか面白いシステムです。

実際にネイティブ講師とレッスンを受けた方の口コミもありました。私も体験レッスンではネイティブとのレッスンを選びましたが、日本人慣れしたやさしい講師でした。もっとネイティブと容赦のない英会話をしたい、という方には向かないかもしれませんね。

講師の口コミですが、テキスト指定しても話が盛り上がるとフリートークをしてしまう人もいると。。どこのオンライン英会話でもある程度講師と仲が良くなるとありがちですね。

こちらも講師の口コミです。美人の先生でかつ英語の発音がいいなんて、レッスン受けたくなりますよね。

産経オンライン英会話Plusはこんな人におすすめ

産経オンライン英会話Plusはこんな人におすすめ
  • 家族でシェアしたい人
  • 特に家族内で初級~上級まで幅があるご家庭

リニューアルしてから、家族で使いたい人におすすめのオンライン英会話になりました。

もともと教材が豊富だったので、初級~上級者までに対応ができていましたが、家族でシェアできるようになったことから、家族でシェアできるオンライン英会話としては最安だし、使いやすいので、おすすめです。
産経オンライン英会話Plus公式サイト

産経オンライン英会話Plusはこんな人にはおすすめしない

産経オンライン英会話Plusはこんな人にはおすすめしない
  • ネイティブや日本人講師との英会話をメインに考えている人

理由は、まだまだ講師の数が少ないからです。もともとフィリピン人講師のみだったため、今はまだ過渡期だと思います。

はじめからガンガン、ネイティブ講師や日本人講師とレッスンをすることを目的にはじめるのには適していません。

また、たまたまかもしれませんが、私が受講したネイティブ講師は日本在住で日本に慣れていたので、日本人向けの英語を話していた印象です。

すでにTOECI満点に近いような超上級者の人で、ガンガンネイティブから容赦のない英語で話してほしい、というような場合にも向いていないと思います。

他社オンライン英会話との比較

比較
Designed by rawpixel.com / Freepik

他社のオンライン英会話と比較してみます。

産経オンライン英会話Plusレアジョブ英会話 DMM英会話クラウティネイティブキャンプ
毎日コース
料金プラン(税込)
6,380円1日1レッスン 6,380円1日1レッスン 6,480円1日1レッスン
7,150円
無制限 6,480円
講師国籍フィリピン、ネイティブ、日本、中国語講師フィリピン130か国フィリピン100か国
講師数346人6,000人6,500人以上200人12,837人
開講時間5-25時6-25時24時間10-24時24時間
レッスン受講形式マンツーマンマンツーマンマンツーマンマンツーマンマンツーマン
予約可能時間5分前まで予約可5分前まで予約可15分前まで予約可30分前まで予約可予約なしでレッスン可
10分前まで別料金で予約可
無料体験レッスン4回25分2回
日本人カウンセラーの
カウンセリング
25分2回
非ネイティブ講師のみ
3日間7日間、無制限
Skype or 専用アプリ専用アプリ専用アプリ OR
Skype
専用アプリ専用アプリ専用アプリ


値段は大手オンライン英会話と比較してほぼ同額ですが、3か月、6カ月、12カ月の長期契約をすると割引があるので、長く使うことを決めている人はお得になります。

講師数が少ないですが真夜中以外は開講しているし、5分前まで予約可能ですぐにレッスンできて、講師の国籍も増えました。

他の人気オンライン英会話と比較して、以前はおすすめポイントが見当たらなかったのが正直なところでした。

でも今はサービスが他社に追従してきて、だいぶ使えるオンライン英会話になってきました。今なら実際に無料体験レッスンを4回受けることができます。
産経オンライン英会話Plus公式サイト

まとめ

この記事をまとめます。

産経オンライン英会話Plusのメリット
  • 家族6人でレッスンをシェアできる
  • 日本・ネイティブ・フィリピン・中国語講師と選べる
  • 教材が初級~上級者まで幅広く対応できている
  • 専用アプリのレッスン
  • 無料体験が再びできる&クレカ情報の登録必要なし
  • サイトが使いやすくなり講師選びが楽になった
産経オンライン英会話Plusのデメリット
  • ネイティブ・日本人・中国語講師は高いし、講師数も少ない
産経オンライン英会話Plusはこんな人にはおすすめしない
  • ネイティブや日本人講師との英会話をメインに考えている人
産経オンライン英会話Plusはこんな人におすすめ
  • 家族でシェアしたい人、特に家族内で初級~上級まで幅があるご家庭

リニューアルで家族でシェアできるオンライン英会話として生まれ変わり、使いやすくなった産経オンライン英会話Plusは、今なら無料体験が4回できますので、実際にためしてみると面白いと思います。

\ 産経オンライン英会話plusをためしてみる /

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました