※現在サイトメンテナンス中のため一部デザイン崩れがあります

通勤時間の英語学習におすすめのノイズキャンセリングイヤホン8選

この記事でわかること

  • 主に通勤時間の勉強で英語を身につけた私がおすすめするノイズキャンセリングイヤホン8選

忙しい毎日の中で、通勤時間に英語の勉強を頑張るのはすごいことだと思います。

でも電車の中って音量を最大にしても、うるさくて英語の音声が良く聞こえないものだし、音漏れしてるかも気になりますよね?

通勤時間に英語の音声を聞いてリスニング勉強をするのに最適なノイズキャンセリングイヤホンをご紹介していきます。

目次

通勤時間の英語学習にはノイズキャンセリングイヤホンがおすすめ

ノイズキャンセリングイヤホンは、周りの騒音を除去してくれるので、電車の中でも即座に無音の世界に行くことができて、小さなボリュームでも英語の音声がクリアに聞こえるようになるんです。

電車って騒音でかなりうるさいので、相当ボリュームを大きくしても英語が聞こえにくいし、大きくすると音漏れが恥ずかしいのが悩みでした。

さらに、大きな音で聴き続けるのって耳にもよくないらしいのも気になってました。

そこで通勤時間の長い同僚が教えてくれたのが、騒音を除去してくれるノイズキャンセリングイヤホン。これ通勤時間に英語を勉強する人全員におすすめしたい商品です。

私はかれこれ9年くらいはノイズキャンセリングイヤホンを使っていますが、大きな音を出さなくても電車の中で英語の音声が聞こえるにもかかわらず、電車のアナウンスはちゃんと聞こえるという痒い所に手が届いた商品です。だるいときには耳栓がわりににすることもできます。

TOEICの点数アップに必要な勉強時間 に書いた通り、私は通勤時間に本(単語帳など)と、本についている音声を聞きながら発音を確認して英語を覚えてきました。

忙しい中がんばって通勤時間に英語学習を続けるなら、効率を上げるアイテムに投資をして、ストレスなく続けて欲しいと思います。

通勤時間の英語学習におすすめのノイズキャンセリングイヤホン8選

早速おすすめのノイズキャンセリングイヤホン8選をご紹介します。

ノイズキャンセリングで有名なメーカーはBose と ソニーですが、最近ではApple、Ankerなどいろいろなメーカーも参入しています。

まずは私が9年前から使っているノイズキャンセリングイヤホンからご紹介していきます。

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット MDR-EX31BN

9年前から私が使っているのはソニーのこちらのイヤホン。

はじめに買ったのが調子悪くなったので、2年前に同じものを買い直ししたくらい気に入っています。

2代目のMDR-EX31BN

コードありなので見た目や使い勝手は今っぽくないですが、ノイズキャンセリングイヤホンにしては約7千円とかなり安いにもかかわらず、肝心のノイズキャンセリング機能は申し分ありません。

コスパの良さとSONYのノイズキャンセリングイヤホンの評判が良かったので買いました。


これを買って劇的に英語学習の効率が変わり、大満足です。

イヤホンを耳に入れてスイッチを入れると、電車の騒音が消えて、一気に無音の世界へ行くことができます。

すーっと気持ちが落ち着くので集中しやすいし、小さい音でも余裕で英語を聞き取れます。

できるだけ安くていいものを探している方におすすめです。

Anker

次にご紹介するのはAnker製のノイズキャンセリングイヤホン。Ankerは元Googleのエンジニアが2011年に創業し、モバイルバッテリーやスピーカー、ヘッドホンなど高品質で手頃な価格が魅力のメーカーです。

上の動画で比較されているのはノイズキャンセリング付きヘッドホンとイヤホンです。8千円台~1万2千円台と、めちゃくちゃコスパがよくさすがAnkerといったところです。

動画のおすすめ順に並べてみます。

Ankerのノイズキャンセリングヘッドホン・イヤホン

  • Life Q30(ヘッドホン) → 8,990円
  • Life A2 NC(イヤホン) → 9,990円
  • Liberty Air 2 Pro(イヤホン) → 12,980円

ヘッドホンが好きな人は「Life Q30」、イヤホンがいい人はコスパの良い「Life A2 NC」を選べば失敗しない買い物ができそうです。

スピーカーを実際に持っていてコスパの良さに満足しています。この価格でもAnkerならいいものを出してくれると安心できるんです。ちなみにとうとう「Liberty Air 2 Pro」をポチってしまいました!なぜ高い方を買ったかというと、どうせなら上位モデルを買って満足感を高めたかったからです、そして大満足ですよ!


JVC HA-A50T-B ノイズキャンセリング ワイヤレスイヤホン

こちらは、2020年11月に発売になったばかりのJVCケンウッドのノイズキャンセリング機能のついてワイヤレスイヤホン。価格は、9,800円

口コミを見ていると「高音の再現性が良くない」などありますが、おそらく音マニアの方でなければ気が付かないのではないかと思われます。ノイズキャンセリングのワイヤレスイヤホンを手頃な価格で、かつ安心の日本メーカーのものを探しているなら、選択肢に入れて間違いないとみました。

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

こちらは価格コムのノイズキャンセリングイヤホンで売れ筋1位のソニーのワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン。価格は一気に上がって税込23,800円。次に紹介するAirPods Proより安いですが、比較される価格帯です。

この値段出すならAirPodsPro行きたいかなあと個人的には思います。

Apple AirPods Pro

Apple AirPods Proはデザインも良いですが、口コミによるとノイズキャンセリング機能もかなりの評判の良さ。値段が税込30,580円とかなり高額なので、私はすぐに手が出ないですが、どうせならAppleを買うのが安心です。

Bose QuietComfort Earbuds ノイズキャンセリングワイヤレスイヤホン

最後にBoseのノイズキャンセリングイヤホンです。AirPods Proと比較した動画によりますと、ノイズキャンセリングに関しては、AirPods Proよりも機能は上で、ノイズキャンセリング機能を求める方におすすめとのこと。

Boseを手に入れたら本当に満足度が上がると思うので、手に入れられる方はうらやましいです。ただ英語の勉強メインであれば、ここまでこだわる必要はないと思います。

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました!

あわせて読みたい
TOEICスコアを100点上げるのに必要な勉強時間の目安は約200時間です この記事でわかること TOEICの点数アップに必要な勉強時間 この記事の信頼性 この記事を書いている私は25歳でTOEIC330点から英語の勉強をはじめ、32歳でTOEIC820点を取...
あわせて読みたい
TOEIC730点って実際にはどんなレベルなのかまとめてみた フィリピン海外赴任に必要な英語力は、TOEICリスニング & リーディングテスト730点くらいを最低ラインと考えるべき、という記事を書きました。 これは自分のフィリ...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる