TOEIC730点って実際にはどんなレベルなのかまとめてみた

フィリピン海外赴任に必要な英語力は、TOEICリスニング & リーディングテスト730点くらいを最低ラインと考えるべき、という記事を書きました。

これは自分のフィリピン赴任の経験と、まわりの同僚を見て感じていることです。

最低これくらいのレベルには到達しておいた方が仕事もうまくできるし、現地の人との交流とかで遊びも楽しくできると思うからです。

TOEIC高得点であれば知っている語彙数、文法が多く、基礎英語力が高いと言えるので、点数は高ければ高い方がいいに決まっていますが、それじゃ体験談としては意味がないので、現実的に目指せる目標を経験から導き出しました。

じゃあTOEIC730点って実際にはどれくらいのレベルなの?というところをこの記事では深堀していきたいと思います。

これから英語を身につけたいという方の参考になるとうれしいです。

TOEIC730点って実際にはどんなレベルなのかまとめてみた

Business vector created by pch.vector – www.freepik.com

まずはTOEIC公式サイトから730点のレベルの定義を確認してみましょう。

TOEIC公式サイトからみる730点のレベルとは?

TOEIC公式サイトから引用します。

TOEIC730はレベルB評価となり、以下のように定義されています。

「どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている。」
通常会話は完全に理解でき、応答も早い。話題が特定分野にわたっても、対応できる力を持っている。業務上も大きな支障はない。正確さと流暢さに個人差があり、文法・構文上の誤りが見受けられる場合もあるが、意思疎通を妨げるほどではない。

これが正しいのか?ということに関しては、私の体感としては正しいと感じています。というのも、自分自身がTOEIC820点でレベルBに属するわけですが、レベルBの評価に書いてある程度の実力だからです。

TOEIC730点を取るために必要な語彙数

TOEICで点数を上げるためには、どれだけの単語数を覚えているか?はとても重要なポイントです。

では、TOEIC730点を取るために必要になる語彙数はどれくらいなんでしょうか?

下記の表は、TOEIC点数別に必要な語彙数と、参考に文部科学省が定めている高校教育までに指導する単語数をまとめました。

これによると、TOEIC730点に必要な語彙力は7,000~8,000です。

英語学習スクールロゼッタストーンラーニング社サイトと文部科学省「中学校学習指導要領(平成 29 年告示)解説」を元に作成

高校までに習う英語の語彙数が5,000ということなので、TOEIC730点に必要な7,000~8,000 単語というのは、高校のレベルを超えていることがわかります。

TOEIC730点までの勉強法

School vector created by pch.vector – www.freepik.com

TOEICの勉強は、「単語の意味と発音を覚える、英語の文法を覚える、英語の音に慣れる」が正攻法で、「TOEICテストの攻略法を知る」のが裏ワザで、両方やっておくことがおすすめです。

TOEIC330点から820点になるまでに実際に役に立った6つの勉強法にまとめた私が試してきた勉強法は以下のようになります。

  1. TOEIC 勉強で英語の基礎力をつける
  2. 海外ドラマで楽しみながら英語に慣れる
  3. 通勤時間の多聴で英語に慣れる
  4. 英語を話す練習をしてみる
  5. 外資系企業の面接を受けてみる
  6. 英語を使った仕事をする

1~5までがTOEIC730点までに試した勉強法です。

  • はじめは好きな映画や海外ドラマを繰り返し観ることで、英語の音に慣れることができました
  • 通勤時間には、スピードラーニングやTOEICのリスニングテストを流し聴きして繰り返し聞いていました
  • これによって英語の音に慣れることができたし、文法をなんとなく理解することができました

私は文法の勉強が嫌いだったので、600点くらいまでは文法をまともに勉強していませんでした。それでも、英語を大量に聴いていると雰囲気でなんとなくこれは不自然かな?とわかるようになります。

ただし、それには限界があります。Part5でぜんぜん点数が取れないんですよ。

リスニングの点数は高いのに、リーディングが全然できない、という状況になりました。

そこで嫌々で文法を勉強しはじめました。

形容詞は名詞を修飾する、副詞は動詞、形容詞、副詞を修飾する・・

こんな簡単な文法さえわかっていなかったんですから、そりゃ点数とれないですよね。

ですから、単語を覚えて、文法を覚えて、英語の音に慣れる、ということを時間をかけて積み上げることが大切です。

続けていけば時間はかかっても確実に点数は上がっていきますので、諦めないで続けることが大切です。

私は5年以上かけて、めちゃくちゃゆっくり英語力を上げてきました。そんな人でも今は社内で通訳に引っ張り出されたりするようになっていますので、英語を身につけたいなと思う方は、ぜひ続けてください。

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました