海外赴任中日本の携帯番号を維持したほうがいい?解約したほうがいい?【海外赴任前に読んでほしい】

LIFE

海外赴任中に日本の電話番号をそのままにしておいたほうがいいのかな?

解約して日本に帰ってきたときだけ旅行者用SIMを買ったほうがいいのかな?

こういった疑問に答えます。

この記事を書いている私はフィリピンはマニラに駐在して2年。

赴任前に日本の携帯電話をどうするか悩み、いろいろ検討したのでその経験からこの記事を書いています。

メリット、デメリットありますが、利便性をとるなら日本の携帯電話番号をそのままにしておくこと。

日本の携帯電話番号をできるだけ安く維持するために音声通話付き格安SIMにMNP( =Mobile Number Portability、携帯番号ポータビリティ )するのがオススメです。

【海外赴任中に日本の携帯電話番号を維持するならこの格安SIMがオススメ】

海外赴任中日本の携帯番号を維持したほうがいい?解約したほうがいい?

なぜ携帯電話番号を維持する方がオススメなのか

  • いままで使ってきた携帯番号をできるだけ残したい
  • 帰国時すぐにスマホでデータ通信ができるようにしたい

電話番号っていろいろな契約で使っていたり、友達や家族、仕事関係の人に番号の変更を伝えるのって、忙しい海外への引越前にやるのってめんどくさいですよね。

それに日本に帰国したときには、飛行機着陸して携帯使えるようになったらすぐにLineしたり、ニュースみたりしたい

日本一時帰国中の限られた時間をムダに使うのはもったいないですよね?

日本の携帯番号を維持しておくほうが時間を有効につかうことができます。

でもムダなお金を払い続けたくないですよね?

できるだけお金を使わないで携帯電話番号を維持する方法があります。

それは格安SIMで維持することです。

携帯電話番号を格安SIMで維持するのがオススメなのか

値段が圧倒的に安いからです

携帯キャリアの毎月の利用料と比較するとおよそ3倍の違いがあるといわれています。

次項で実際に料金を比べていますので現在の利用料と比べてみてください。

日本の携帯電話を最安値の格安SIMで維持すると年間いくら?

月額1,600円 × 12ヵ月= 年間約20,000円

最安値の音声通話付きのSIMでだいたい月額1600円なので、1年間で2万円くらい。

データプランだけならもっと安く年間約1万円で済みますが、電話番号を維持したいときは音声通話機能付きが必要です。

どうでしょうか?キャリアの通信料に比べるとだいぶ安く済むと思いませんか?

日本帰国時にプリペイドSIMカードを買うといくら?

だいたい2,500円くらいです。

一度成田空港でプリペイドSIMを買ったことがありますが、 ゲームや動画をヘビーに使わないわたしのような使い方なら↓のような1GBのプリペイドSIMで十分です。

次項で比較するために、仮に出張やプライベートで年に4回日本に帰国するとします。

2,500円 × 4回= 年間10,000円

帰国時に毎回SIMを空港で買うとすると、年間1万円になります。

日本の携帯電話を格安SIMで維持するメリット

比較すると、

「音声通話つき格安SIM 年間2万円」VS 「帰国時にプリペイドSIM 年間1万円」

本帰国時にプリペイドSIMを毎回購入するほうが、年間約1万円近くオトクです。

それでもあえて高くつく音声通話付き格安SIMで日本の電話番号を維持をおすすめするかというと、最初に挙げたの2つが圧倒的に便利だと感じているからです。

  1. いままで使ってきた携帯電話番号を維持できる
  2. 日本帰国時、到着後すぐにインターネットに接続できる

1.いままで使ってきた携帯電話番号を維持できる

携帯電話番号はいろいろなところに登録してあると思います。

いずれは日本に帰国することを考えると維持していたほうが後で楽だと思いませんか?

また 日本のSIMを携帯にセットしてローミングすれば日本の電話番号へのSMSや電話連絡を受け取ることができるので、 必要なときに日本の電話番号への連絡を受け取れる安心感があります。

SIMフリーのスマホに2つSIMが入るDUAL SIMのものを使っていれば、日本のSIMと海外現地のSIMを両方入れたままにして、通常時は日本のSIMは無効にしておく。

それで日本に着いたら日本のSIMを有効にして、現地のSIMは無効にする、ということが携帯のSIMの設定画面をいじるだけで10秒で設定できます。

この利便性がとても魅力です。

2.日本帰国時、到着後すぐにインターネットに接続できる

飛行機到着後、通信機器が使えるようになった段階から日本のSIMをすぐに使えるので、イミグレや預けた荷物を待つ間に、Lineで連絡をしたり、ニュースみたり時間をムダにしないです。

荷物受け取ってわざわざ空港でSIMを買って、入れ替えて、設定して、というめんどくさいこととは無縁で、すぐにやりたいことができるので楽です。

日本の携帯電話を格安SIMで維持するデメリット

デメリットは 帰国時に毎回SIMを買うのに比べて高いこと。

年4回帰国したとすると、

「音声通話つき格安SIM 年間2万円」VS 「帰国時にプリペイドSIM 年間1万円」

なので、年間1万円高くつきます。

ぜったいお金を損したくない、と感じる方は日本の携帯番号を維持せず解約したほうがよいと思います

格安SIMで維持したときのまとめ

わたしがおすすめするのはダントツで格安SIMで維持する方法です。

メリット

  • いままで使ってきた携帯電話番号を維持できる → 音声通話機能付き格安SIMがおすすめ
  • 日本に帰国した時スマホがすぐに使えて時間をムダにしない

デメリット

  • 帰国時に毎回プリペイドSIMを買うのに比べて維持費用年間1万円高い

海外赴任中日本の携帯番号を維持するのにおすすめの格安SIM

携帯電話番号を維持するためのオススメの音声通話つき格安SIMをご紹介します。

各社の音声通話つきSIMにMNP転入することで今ドコモやAU、ソフトバンクで使っている携帯電話番号をそのまま維持できます。

まずは使用経験アリの格安SIM3社

私は過去に上記3社の格安SIMを実際に使ったことがあります。

どれも格安SIMでよく言われる速度が遅いとか不満を持つことなく使えました。

ゲームをたくさんやったりするヘビーユーザーでなければこの中のどれを選んでも大丈夫だと思います。

なかでも業界最安値クラスの DTI SIM と、わたしも現在使っている IIJmio がオススメ。

IIJmio

ポイント
  • 音声通話機能付きSIMの「みおふぉん」に電話番号そのまま他社から乗り換え(MNP転入)可能
  • 使い切れなかった余ったデータ量は翌月に繰り越しムダなく使える


公式サイトからのお申込みはこちらから →  IIJmio

DTI SIM

ポイント
  • 電話番号はそのままで 他社から DTI SIMに乗り換え(MNP転入)可能
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越し


公式サイトからのお申込みはこちらから →   DTI SIM

楽天モバイル

ポイント
  • 電話番号そのままで他社から乗り換え(MNP転入)可能!
  • ドコモやauと同じサービスエリアなので、快適にネットや通話が楽しめる
  • 「楽天スーパーポイント」がもらえるなどお得なキャンペーンがあり


公式サイトからのお申込みはこちらから →   楽天モバイル

まだまだたくさんある格安SIM

他にもたくさんある格安SIMのなかでも、大手企業が運営していて安心の格安SIMをご紹介します。

U-mobile

ポイント
  • 動画配信サービスのU-NEXTが運営する格安SIM
  • メインでdocomoの回線を使っているので安くてもあんしん
  • SIMフリーかdocomoのスマートフォンならSIMを差し替えて簡単な設定を行うだけで、すぐに使い始められるのでかんたん
  • カスタマーセンターでの電話やメールでのサポート対応がある


公式サイトからのお申込みはこちらから →  U-mobile

イオンモバイル

ポイント
  • 大手スーパーの安心感
  • 月額通信料480円~の低価格、29種類の料金プラン
  • 解約金0円、2年縛りなし
  • 全国200以上の店舗で販売サポート


公式サイトからのお申込みはこちらから →  イオンモバイル

日本に帰国したときの時間をムダにしないためにも音声通話つきの格安SIMへのMNP転入をこの記事ではおすすめしました。

この記事がみなさんの海外生活準備にお役に立てたならうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました