海外赴任中に日本の携帯番号を維持する理由【赴任前に読んでほしい】

Philippines

海外赴任中に日本の電話番号をそのままにしておいたほうがいいのかな?

解約して日本に帰ってきたときだけ旅行者用SIMを買ったほうがいいのかな?

こういった疑問に答えます。

この記事を書いている私は

フィリピンに駐在して2年。

赴任前携帯番号をどうするか悩み

検討した経験からまとめます。

メリット、デメリットありますが

利便性をとるなら日本の携帯電話番号を維持したほうがいいと断言します。

海外赴任中に日本の携帯番号を維持する理由

なぜ携帯電話番号を維持する方がいいの?

  • いままで使ってきた携帯番号を残したい
  • 日本帰国時すぐにスマホでデータ通信ができるようにしたい

電話番号って色々登録してませんか?

友達や家族、仕事関係に

番号変更を伝えるの

忙しい海外への引越前にめんどくさいですよね?

それに日本に帰国したときには、

着陸して携帯使えるように

なったらすぐにLineしたり、

ニュースみたりしたい

日本帰国中の限られた時間ムダにしたくない。

日本の携帯番号を維持すれば

時間を有効に使えます。

でも心配なのは維持費。

ムダなお金は払いたくないですよね?

そんな場合は格安SIMにして、

携帯電話番号を維持しましょう。

なぜ携帯電話番号を格安SIMで維持するのがいいの?

シンプルに安いからです

携帯キャリアと比較すると

およそ3倍の違いがあります。

日本の携帯電話を最安値の格安SIMで維持すると年間いくらなの?

月額1,600円 × 12ヵ月= 年間約20,000円

音声通話付きのSIMはだいたい

月額1,600円くらい。

年間で約2万円です。

データプランならもっと安く

年間約1万円で済みますが、

電話番号を維持したければ

音声通話機能付きが必要です。

どうでしょうか?

だいぶ安く済むと思いませんか?

日本帰国時に毎回プリペイドSIMカードを買うといくらなの?

プリペイドSIMカードは

空港で2,500円くらいで売ってます。

一度成田空港で買ったのは

下記のようなSIMです。

ゲームや動画をヘビーに使わない

使い方なら1GBで十分。

次項で実際にかかる費用を比較するため、

出張などで年4回日本に帰国するとします。

2,500円 × 4回= 年間10,000円

帰国時毎回SIMを買うなら、

年間1万円になります。

日本の携帯電話を格安SIMで維持するメリット

比較してみましょう。

「音声通話つき格安SIM 年間2万円」VS 「帰国時にプリペイドSIM 年間1万円

プリペイドSIMを毎回購入するほうが年間約1万円近くオトクでした。

それでも格安SIMで日本の電話番号を維持するのがおすすめです。

繰り返しになりますが、

以下2つが本当に便利だからです。

  1. いままで使ってきた携帯電話番号を維持できる
  2. 日本帰国時、到着後すぐにインターネットに接続できる

1.いままで使ってきた携帯電話番号を維持できる

携帯電話番号は

いろんなところに登録してるハズ。

いずれは日本に帰国するなら

番号変えない方がですよね?

また意外と便利なのが、

日本のSIMを携帯にセットして

海外からローミングすれば

日本の電話番号へのSMSや電話連絡を

受け取れます。

必要なときに日本の電話番号への連絡を

受け取れる安心感があります。

2.日本帰国時、到着後すぐにインターネットに接続できる

  • 飛行機到着後通信機器が使えるようになったら携帯のSIM設定変更(10秒)
  • すぐにLineしたり、ニュースみたりできる(時間をムダにしない)

荷物受け取って、空港でSIMを買って、

入れ替えて、設定して、

というのはめんどくさい。

SIMフリーのスマホに2つSIMが入る

DUAL SIMであれば、

10秒で下記設定ができます。

  • 日本のSIMと海外現地のSIMを両方入れたままにしておく
  • 通常時は日本のSIMは無効にしておく
  • 日本に帰った時だけ日本のSIMを有効にして、現地のSIMは無効にする

この利便性とても魅力です。

日本の携帯電話を格安SIMで維持するデメリット

繰り返しですが、

デメリットは高いこと。

年4回帰国したとすると、

「音声通話つき格安SIM 年間2万円」VS 「帰国時にプリペイドSIM 年間1万円」

なので、年間1万円高い。

ぜったいお金を損したくない、

と感じる方は日本の携帯番号は

維持せず解約したほうがよいです

格安SIMで維持したときのまとめ

格安SIMで維持するのがいいと断言します。

メリット

  • いままで使ってきた携帯電話番号を維持できる
  • 日本に帰国した時スマホがすぐに使えて時間をムダにしない

デメリット

  • 帰国時に毎回プリペイドSIMを買うのに比べて維持費用年間1万円高い

格安SIM3社の口コミ【IIJMIO/DTI SIM/楽天モバイル】

ではどんな格安SIMがおすすめなのか?

音声通話つき格安SIMを3つご紹介します。

今ドコモやAU、ソフトバンクで

使っている携帯電話番号を

音声通話付き格安SIMにMNP転入して、

そのまま維持できます。

格安SIM3社【すべて使用経験あり】

私は上記3社の格安SIMを

使ったことがあります。

どれも問題なく使えます。

格安SIMでよく言われる

速度が遅いとか不満は感じなかったです。

ゲームをたくさんやらなければ

月3GBのデータ制限で全く問題ないです。

格安SIM3選 
  • DTI SIM は業界最安値クラス
  • IIJmio現在わたしも使っています
  • 楽天モバイル 楽天ポイントをためている方に最適

DTI SIM は最安で月1,200円から

IIJmio は月1,600円から

楽天モバイル は楽天会員の割引が複数あり

海外引越前は私も大変でした。

格安SIMはネットで契約できるので、

家ですべて済みます。

電話番号維持に格安SIM、

失敗しない海外赴任準備の

お役に立てたならうれしいです。

>> マニラで生活する前に持ってくればよかったと思ったもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました