TOEICのリーディングパート勉強法【効率的にスコアアップ】

TOEICの勉強をはじめました。リーディングの問題が全然正解できなくて困っています。どんな風に勉強したらいいのかな?英語ができる人にポイントを教えてほしいな

こんな悩みにお答えします。

この記事でわかること
  • TOEICのリーディングを効率的にスコアアップするためのポイント


この記事を書いている私は社会人になってから英語の勉強をはじめ、TOEIC330→820点を取得し、現在はフィリピンで働いて3年。社内では通訳を任されることもあります。2021年はTOEIC満点を目指して勉強を再開しました。

TOEICのリーディングパートってどうやればスコアアップができるんだろう?英語ができる人に教えてほしいなとお悩みの方は多いと思います。

TOEIC満点の人が語るリーディングパートの勉強法があったら読みたいと思いますよね?

この記事では、私も実際に参考にしているTOEIC満点の人が語るリーディングパートの勉強法についてまとめていきますので、TOEICの勉強をしている方は読んでおいて損はない内容ですので、最後まで読んでいただけるとうれしいです。

TOEIC L&R(リスニング & リーディング) のリーディングパートはPart5~7に分かれ、約75分間で100問を解きます。満点は495点。

TOEICのリーディングパート勉強法【効率的にスコアアップ】

Friends photo created by freepik – www.freepik.com

TOEICリーディングパートスコアアップのためのポイントは以下の通りです。

  • 文法をしっかり勉強する(丸暗記は×)
  • 問題文を音読する(精読)

これらのポイントは、TOEIC満点、元人気予備校講師の関正生先生がスタディサプリ TOEIC(R)対策コース公式サイト というオンライン学習サービスで説明していた内容をまとめました。

関先生とは何者か?は以下のサイトから引用します。

TOEIC®︎テストはもちろん990点満点、英語学習に関する著書は95冊&累計200万部。これまで出講した予備校では授業開始前から整理券を求め長蛇の列ができるという、英語学習界では言わずと知れた伝説の英語講師です

新R25スタディサプリの超人気講師・関正生が「ビジネスパーソンこそTOEIC®︎テストをやるべき」と語る理由

なぜ参考にしているかというと、とにかく説明がわかりやすいので、信頼ができるんですよ。例えばこんな動画ですが、わかりやすくないですか?

【スタディサプリENGLISH】関正生先生のTOEIC講義 分詞の概念編

「文法をしっかり勉強する」「問題文を音読する」について詳しく解説します。

文法をしっかりやる(丸暗記は×)

TOEICのリーディングパートを攻略するうえで欠かせないのは文法の知識です。

リーディングは全100問の問題があり、以下のようにPart5/6/7に別れています。

  • Part5 30問 :文法、品詞、語彙の問題
  • Part6 16問 :空欄を埋める問題
  • Part7 54問 :長文問題

このうち、Part5とPart6 の46問中、約半分の22問が文法問題です。

さらにリーディングパートは時間切れで最後まで問題を完走できない経験をしたことがある方も多いと思いますが、なぜ時間切れになるかというと、読むスピードが遅いからです。

文法を知っていれば英語の構文がわかり内容をサクサクっと理解するのも早くなりますので、問題を完走できる率が上がります。

文法なんて知らなくても英語はできるんじゃないの?

私も昔はこんな風に思っていましたが、事実文法を軽視しているうちは、なかなかリーディングパートのスコアが上がりませんでした。

文法を勉強するようになってやっと700点台を超えることができました。

これだけ文法の問題を多く出しているということは、文法を無視しても何もいいことはありません。

ですから文法は大切です。丸暗記では応用が利かないので、しっかりと理解して学ぶことが大切です。

問題文を音読する(精読)

問題を解いて答え合わせをした後、問題文を最低10回は音読しましょう。

関先生によると、TOEICの勉強をしていてもなかなか点数が上がらない人は、なんとなく答え合わせをやっているだけで、問題文を精読することをやっていないといいます。できたら30回でも40回でも音読をして、構文を理解しながら内容が頭に浮かぶように練習したほうが良いとのこと。

問題文の精読とは、構文を意識して内容を思い浮かべながら問題文を声に出して読むということです。

声に出すことで文字を飛ばしてなんとなく読むのではなく、しっかりと読む効果があります。

大声で読む必要はありません。あまり読むことに気を取られると構文や意味を理解することができなくなるので、電車の騒音にかき消されるくらいのブツブツでよいそうです。

今だったら外出時には必ずマスクをしているので、通勤電車の中でもバレずにできていいですよね。

TOEICリーディングパートの問題特徴

Mockup photo created by tirachard – www.freepik.com

TOEICリーディングパートはPart5/6/7の全100問と上述しましたが、ここでは関先生の解説を引用して少し詳しく問題の特徴をまとめます。

TOEIC Part5 問題の特徴:文法

Part5は全30問。

短めの文の途中に空欄があって、あてはまる語句を4つの選択肢から選ぶものです。関先生によると、この30問の内訳は以下のようになっています。

  • 品詞問題10問
  • 文法問題10問
  • 語彙問題10問

品詞問題も文法問題ととらえると、文法と語彙を勉強することがPart5の攻略に大切であることがわかります。

TOEIC Part6 問題の特徴:文法と長文

Part6は全16問。

4つの長文の中に、途中それぞれ4箇所の空欄があり、あてはまる選択肢を選ぶ問題となっています。

関先生によると、Part6は文法と長文がミックスされている、Part5とPart7の特徴をミックスしたものということで、対策としては、文法と長文対策が大切になります。

TOEIC Part7 問題の特徴:長文

TOEIC Part7は全54問。1問につき長文が1つ~3つ、その長文に関する設問が出題されます。

1問につき長文が1つのものをSP(シングルパッセージ)、長文が2つ以上のものをMP(マルチプルパッセージ)と呼んだりもします。

リーディングパートの時間が足りず、最後まで問題を解いてる時間がなくなってしまった、となりがちなのがこのPart7です。

時間内に問題を解けるようになるためには、文法をしっかり学ぶこと、問題文を音読して長文を読むことに慣れておくこと、単語力を上げておくことが大切になってきます。

TOEICリーディング勉強の効率を上げるツール

Cartoon vector created by vectorjuice – www.freepik.com

「文法をしっかり勉強する」「問題を音読する」のが大切とはわかったけど具体的にどうやればいいのかわからないな?

という方に、TOEICリーディングパートの勉強に使えるツールをご紹介します。

スタディサプリ TOEIC対策コース

ここまでで関先生のTOEIC対策の方法に興味がある方や、勉強法を試してみたい、という方におすすめしたいのがスマホアプリでTOEIC学習のすべてを完結できるスタディサプリのTOEIC対策コースです。

リクルートが運営するオンライン学習サービスなんですが、この記事で紹介してきた関先生がTOEICに出る英語に絞って英文法や問題の解説をわかりやすく300本以上の動画で講義をしてくれます。通勤時間などのスキマ時間に見やすいように動画が5分程の長さになっているのがうれしいところです。
スタディサプリ TOEIC(R)対策コース公式サイト

アプリに沿って勉強するだけで効率よくTOEIC学習ができる

”問題文を音読することが大切” ってことはわかったけど、お手本がないとどう発音したらいいのかわからないから、だんだん音読をするのが面倒になってきました。。

音読を進めると出てくる悩みもが出スタディサプリは解決してくれます。

例えば、Part7の講義では、以下のように5つのトレーニングで進んでいきます。

  • 例題 → 実際にTOEIC問題を解く
  • 例題講義(動画) → 関先生の解説
  • 単語・イディオムチェック → 例題で出てきた単語テスト
  • 本文チェック → 本文の発音と日本語の意味を確認
  • スピード音読 → 音読練習、自動的に録音されているので自分の発音もチェック可能

アプリの順番にそって勉強していけば、実際に音読のお手本を確認しながら音読練習ができてしまうんです。

これを自分ひとりで独学でやろうとしたらかなりの時間がかかると思うし、そもそもできないと思うんです。

問題を解く→解説をみる→単語を確認する→音読をする、といった関先生のメソッドを再現した勉強ができるように工夫して作られているので、アプリに沿って勉強を続けていくだけで効率よく勉強ができます。

主に3つの構成でできていますが、パーフェクト講義ではPart別に勉強を進めることができます。

  • パーフェクト講義(演習問題を解いて、解説動画で確認)
  • 実戦問題集(実戦問題を解いて、解説動画で確認)
  • TEPPAN英単語(TOEICに出る1500語の英単語帳)

TOEIC問題集だけでも模試20回分というボリュームですし、TOEIC頻出単語をスキマ時間にめくって覚えられる単語帳もついています。

スタディサプリTOEIC対策コースは月額2,980円かかるので、それが高いと感じる方もいると思います。私もはじめは高いと感じて会員にはならなかったんです。でも実際に無料体験で使ってみるとこのアプリのコンテンツの質と量、使い勝手の良さがよくわかり、今年から英語学習を再開したのをきっかけにスタディサプリの会員になりました。

アプリだけでTOEIC勉強のすべてをカバーしているスタディサプリがあれば私のように海外に住んでいてTOEIC対策の本や問題集が手軽に手に入らない方にも安心です。

\ 7日間の無料体験ができます! /

まとめ

この記事をまとめます。

リーディングスコアアップのためのポイント

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました