こんまりさんの「ときめく片づけ」を実践してみた【良かったことは4つです】

Book

ボクは片付けがあまり上手ではありません。片づけてもすぐに散らかってしまったり、モノがどこにあるのかわからなくなってしまいます。

そんな状態が嫌になることがあるので、だいぶ前にテレビでみて気になっていた「人生がときめく片付けの魔法」近藤麻利絵さん、通称こんまりさんの本を買って読んでみたところおもしろそうだったので実践してみました。

こちらの本です。



ボクのようなおじさんがときめきを語るのは気持ちが悪いですが、実践してみて良かったと思うことがありましたので、そちらをまとめていきます。

こんまりさんの「ときめく片づけ」を実践してみた【良かったことは4つです】

はじめに結論を言ってしまいますが、こんまりさんの「ときめく片付け」を実践してみて良かったことは4つです。

  • その①: モノを探す時間が少なくなったこと
  • その②: モノのメンテナンスを気にするようになったこと
  • その③: モノをむやみに買わなくなったこと
  • その④: モノが少なくなって気持ちと体が軽くなったような気がすること

モノを探す時間が少なくなったこと

モノを減らして、片づけをしていきますので、どこに何がしまってあるのか自分で把握しやすくなって、結果モノを探す時間が「少なく」なりました。


「少なく」というところがミソで、なくなってはいないということです・・・

もともとの片付け下手はちょっとマネして片づけたくらいじゃ治りません。ただし確実にモノを探す時間を減らすことができたので、時間を有効に使うにためには良かったと思っています。

モノのメンテナンスを気にするようになったこと

気に入ったモノしか手元に残らなくなってくるので、気に入っているモノの状態をできるだけ良い状態でキープしたいと思ったり、ひとつひとつの持ち物に対する興味、見え方が変わってくる感覚があります。


前は目に入らなかったズボン(パンツ)のベルトホールの糸のほつれとか、毛玉とか、シャツの襟汚れとか、いままでよりも細かいところに目が行き始めるから不思議です。

こういった自分の気に入ったモノを大切に使っていくという感覚が強くなったことは良かったことだと思います。

モノをむやみに買わなくなったこと

好きなもの以外を捨ててしまうので、片づけをした後は何を買う必要があるのかとてもはっきりとわかるようになるので、あれもこれもと気になったものを買うことが少なくなりました。


ムダ遣いが減るようになるのがいいです。

モノが少なくなって気持ちと体が軽くなったような気がすること

モノが少なくなってちょっと気持ちやカラダが軽くなった感覚がありました。


部屋の中のモノが少なくなったので部屋にいるときにスッキリとした気持ちになるのは何となく分っていただけると思いますが、どこか出かけているときにもなぜか気持ちが軽くなったような気がしました。

モノを持っている分、見えない重みが体にかかっていた、とでもいうのか、体も軽くなった気がしたのはとても面白い感覚でした。

こんまりさんの「ときめく片付け」とは

「 人生がときめく片づけの魔法  」をざっくりとまとめてみました

ざっくりと内容はこんな感じです。

  • リバウンドしない片付け
  • 「モノ別」に片づける
  • 片付けは祭り、一気に、短期に「捨てる」を終わらせる
  • 触った瞬間に「ときめき」を感じなければ捨てる
  • 家にあるすべての洋服をまず床に並べてどれだけ持っているか目で確認する
  • 服を立てて収納できるようにたたむ
  • 本も床に全部並べてみる。いつか読むは永遠に来ないので捨てる
  • すべてのモノの定位置を「1つ残らず決める」
  • 収納の達人にならなくていい。今ある収納分だけモノが残る
  • 部屋を片付けるとなぜか、やりたいことが見つかる
  • モノを捨てることによって決断力が磨かれる

NetFlixのこんまりさんの番組「Tidying Up With Marie Kondo」でアメリカでも人気

こんまりさんはNetFlixで「Tidying Up With Marie Kondo」という番組をやっていて、アメリカの家庭に行き、こんまりさんが片付けコンサルをしながら家を片付けていくといういわゆるリアリティ番組のような感じに仕上がっています。

ボクも実際にNetFlixでこんまりさんの番組をみてみました。 こんまりさん自身はところどころ英語を使いますが、本筋のところは通訳の方が間に入って、例えば 「ときめき」を「Sparkling Joy」などと訳して、その絶妙な翻訳がアメリカ人にささっているということがあると思います。

こんまりさんのクリーンな印象からアメリカ人が禅のような 日本の伝統的な何か整った印象を感じとり、自分たちの知らないアジアの古くから伝わる何かを教えてくれる人、且つこんまりさんのコンサバで清潔で、アメリカ人からするととても若くかわいらしく見えると思うので、そういったいろんな刺さるポイントを抑えているので人気を博しているのではないかと思います。

マニラでもちょっと話題になっています

NetFlixで190か国に放映されているそうですが、ボクの住んでいるフィリピンのNetFlixでも視聴できます。

先日フィリピン人の同僚から、こんなことを聞かれました。

「KonMari って知ってる? 触ってみてSparkling感じないものは捨てるんだって。フィリピンは何かに使えるかもしれないと捨てることができないことが多いから・・本当に捨てちゃうんだね。 」

というようなことを言っていました。

確かに裕福な人ほど、必要になればまた買えばいい、という発想がとれるので要らないものを処分し、部屋にモノが少なくなる傾向があるそうです。

このように片付けによって生活が変わり、人生が変わることがあるということが本にも書かれています。こんまりさん流の片付けを取り入れて身軽になってみてはいかがでしょうか。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました