履歴書のために生きますか?【TED動画】

English Learning

「5分のスキマ時間に英語を効率的に勉強したいな」こういった方のためにこの記事を書いています。

スキマ時間にTED動画を使ってリスニングやシャドーイングの教材として役立てていただけるとうれしいです。

今回ご紹介するのはこちらの動画です。

Should you live for your résumé … or your eulogy? 【履歴書のために生きますか?】

スクリプトやスピーカーの経歴などはTEDのサイトから引用します。

翻訳はTEDサイトの日本語翻訳とGoogle翻訳から引用しています。

スピーカー紹介

Writer and thinker David Brooks has covered business, crime and politics over a long career in journalism.

作家兼思想家デヴィッドブルックスは、ジャーナリズムの長い経歴の上にビジネス、犯罪と政治をカバーしました。

動画の長さ

ちょうど5分の動画です。

内容紹介

少し話すスピードが早いと思うので、0.75倍速にしてシャドーイングをするのもいいと思います。

一部内容を抜粋します。

So I’ve been thinking about the difference between the résumé virtues and the eulogy virtues. The résumé virtues are the ones you put on your résumé, which are the skills you bring to the marketplace. The eulogy virtues are the ones that get mentioned in the eulogy, which are deeper: who are you, in your depth, what is the nature of your relationships, are you bold, loving, dependable, consistency? And most of us, including me, would say that the eulogy virtues are the more important of the virtues. But at least in my case, are they the ones that I think about the most? And the answer is no. 

最近考えている事があります 履歴書と追悼文に於ける 徳の違いです 履歴書の徳とはその内容 仕事の現場で使える技能であり 追悼文の徳とは 追悼で語られる言葉で もっと深い人間性 人との関わりでの 大胆さ 愛情豊かさ 信頼性 一貫性などです 殆どの人は 追悼で語られる言葉の方が もっと大切だと言われるでしょう 少なくとも私の場合は そうでしょうか? いいえ そうではありません

So I’ve been thinking about that problem, and a thinker who has helped me think about it is a guy named Joseph Soloveitchik, who was a rabbi who wrote a book called “The Lonely Man Of Faith” in 1965. Soloveitchik said there are two sides of our natures, which he called Adam I and Adam II. Adam I is the worldly, ambitious, external side of our nature. He wants to build, create, create companies, create innovation. Adam II is the humble side of our nature. Adam II wants not only to do good but to be good, to live in a way internally that honors God, creation and our possibilities. Adam I wants to conquer the world. Adam II wants to hear a calling and obey the world. Adam I savors accomplishment. Adam II savors inner consistency and strength. Adam I asks how things work. Adam II asks why we’re here. Adam I’s motto is “success.” Adam II’s motto is “love, redemption and return.” 

この事について 考えさせてくれたのは ジョセフ・ソロヴェイチックです 1965年に書かれた彼の書 『信心深い寂しい人間』に 人には「アダム1」と「アダム2」の 2面があると書かれています 人には「アダム1」と「アダム2」の 2面があると書かれています 「アダム1」は現実的 野心的な 外的側面です 建設的で創造的で 会社を創立したり 発明をしたりする面です 「アダム2」は謙虚な面で 善行をしようとするだけでなく 良い人間であろうとし 内省的な生き方をし 神そして神の創造物と 我々の与えられた可能性を尊びます 「アダム1」は世界を征服したがり 「アダム2」は世の規律に従います 「アダム1」は実績を重視し 「アダム2」は堅実さや 精神的強さを重視します 「アダム1」は物の理を 「アダム2」は生きる理由を問いかけ 「アダム1」のモットーは“成功” 「アダム2」のモットーは “愛 贖罪 回帰”です 

Finally, Reinhold Niebuhr summed up the confrontation, the fully lived Adam I and Adam II life, this way: “Nothing that is worth doing can be achieved in our lifetime; therefore we must be saved by hope. Nothing which is true or beautiful or good makes complete sense in any immediate context of history; therefore we must be saved by faith. Nothing we do, however virtuous, can be accomplished alone; therefore we must be saved by love. No virtuous act is quite as virtuous from the standpoint of our friend or foe as from our own standpoint. Therefore we must be saved by that final form of love, which is forgiveness.” 

最後にラインホルド・ニーバーが 「アダム1」と「アダム2」の戦いを通しての 一生をこのように要約しています 「アダム1」と「アダム2」の戦いを通しての 一生をこのように要約しています 「価値ある事が 一生の内に成就し得ない故 希望という救いがあり 美しく真なるものが 歴史上 すぐには理解され得ない故 信仰という救いがあり どんなに美徳なことであろうと 一人では何も達成できない故 愛という救いがあり 自分の徳ある行動ほど 美しいものはないという 我々の思い上がり それ故 究極の愛の形 「赦し」で人は救われている」 それ故 究極の愛の形 「赦し」で人は救われている」 

以上になります。ここまで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました