【TEDでスキマ時間に英語学習】The 3,000-year history of the hoodie

Learning

「スキマ時間に英語の勉強したいな」

という向けに「 5分で見れるTED動画」の記事を書いています。

今回は洋服のパーカーについての動画です。パーカーは3千年の歴史があるんだそうです。

The 3,000-year history of the hoodie (パーカー3000年の歴史)

Hoodie とは?

「Hoodie」はいわゆるパーカーのことを指す単語です。

パーカーでも通じるようですが、一般的に日本人がパーカーと言っている洋服はHoodieと呼ばれるそうです。

Speaker パオラ・アントネッリさん

TEDとWikipediaからスピーカーのパオラ・アントネッリさんについてご紹介します。

Paola Antonelli is on a mission to introduce — and explain — design to the world. With her shows at New York’s Museum of Modern Art, she celebrates design’s presence in every part of life.

引用元:TED

Paola Antonelliはデザインを世界に紹介し、説明することを使命としています。 ニューヨークの近代美術館でのショーで、彼女は人生のあらゆる部分でデザインの存在を祝います。

Google翻訳

パオラ・アントネッリ(Paola Antonelli)はイタリア人の作家、編集者、キュレーターである。彼女はロンバルディア人の子である[1]。彼女は現在ニューヨーク近代美術館のR&D部門のディレクター[2]と、建築・デザイン部門のシニア・キュレーターを兼任している[3]

引用元:Wikipedia

動画の長さ

動画の長さは3分30秒。

聴衆に向かって話すTEDのお決まりのスピーチではなく、カメラに向かって話す形なので、ライブ感に欠けますが、代わりにきれいな英語を聞くことができるので英語の勉強には良いです。

内容紹介

TEDのサイトからスクリプトを引用します。

古代ギリシアや古代ローマの時代から頭に何かを被るという文化がありました。

「フード」のある洋服はその時代から存在していて、顔を隠せることから、処刑人などの悪い印象とつながる洋服として歴史上に存在してきました。

1930年代に洋服メーカーのチャンピオンが現在のいわゆる「パーカー」の形を世に出してから、スポーツ選手、労働者、スケーターやB系、Facebookの創業者マーク・ザッカーバーグのようなIT長者など、さまざまな人に「地味な傑作」として受け入れられています。

The hoodie is an amazing object. It’s one of those timeless objects that we hardly think of, because they work so well that they’re part of our lives. We call them “humble masterpieces.”


フーディというのは すごいものです
 古びることがなく あまりに生活に溶け込んでいて 意識されることのない いわば「地味な傑作」です


The hoodie has been — even if it was not called so —
 it’s been an icon throughout history for good and for bad reasons. The earliest ones that we can trace are from ancient Greece and ancient Rome. The Middle Ages, you see a lot of monks that were wearing garments that were cape-like, with hoods attached, so therefore, “hoodies.” 

フーディは その名で 呼ばれるようになる以前から 歴史の中で 良い意味や悪い意味で 象徴的なものでした 私たちに辿れる 最古の例は 古代ギリシアや 古代ローマ時代のものです 中世には 多くの修道士が フード付きのケープみたいな 服を着ていました

The modern incarnation of the hoodie — a garment that’s made usually of cotton jersey, that has a hood attached with a drawstring; sometimes it has a marsupial pocket — was introduced in the 1930s by Knickerbocker Knitting Company. Now it’s called Champion.

 フーディが現代に 再び現れたのは 紐を通した フードの付いている 綿でできた 伸縮性のある服としてでした 前ポケットが 付いていることもあり これは1930年代に Knickerbocker Knitting Company という会社が作り始めました 現在のChampion社です 

 And then we have Mark Zuckerberg, who defies convention of respectable attire for businesspeople. But interestingly, it’s also a way to show how power has changed. If you’re wearing a two-piece suit, you might be the bodyguard. The real powerful person is wearing a hoodie with a T-shirt and jeans. 

 そしてマーク・ザッカーバーグが 現れます 彼はビジネスに相応しい服装をするという 慣習を意に介しませんが 興味深いのは これが力関係の 変化も示している点です ツーピースのスーツを着ているのは ボディガードかもしれず 本当に重要な人物が フーディと Tシャツやジーンズを着ているんです

以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました