TEDで英語のスピーキング練習もできます!シャドーイングのすすめ

Learning

スピーキングは最終的な練習には話し相手が必要ですが、一人で練習できる方法としてシャドーイングというスピーキングの練習にとても効果があると知られている方法があります。

シャドーイングはひとりで練習でき、TEDのようにスクリプト付きの動画で、且つプレゼン形式で話されている内容は教材として使いやすいです。

TEDで英語のスピーキング練習もできます!シャドーイングのすすめ

TEDで動画をみるときに、シャドーイングを取り入れてみることをおススメします。

いきなり何もみないでスピーカーのマネしてみて!っていうのは相当難しいと思うので、英語のスクリプトをみながらなんとかマネして発音してみましょう。

まちがってていいので、物まねすることが大事です。

シャドーイングとは?オススメのやり方

プロの同時通訳者の方のwebサイトから引用します。


私が英語または通訳の指導をしている生徒さんのほぼ全員に勧めている英語の自主練習法のひとつが、シャドーイングです。シャドーイングとは「かえるの歌」の輪唱のように、音源を聞きながら1~2語遅れて同じ内容を声に出して繰り返して追いかけて行く、「聞きながら話す」練習法です。元々は同時通訳の訓練のひとつとして使われていたもので、現在では通訳訓練だけでなく一般的な英語学習にも広く取り入れられています。

               ◆

               ◆


シャドーイングは聞くだけでなく同時に自分の声も出す練習なので、当然自分の声が音源を聞く時の邪魔になります。その邪魔があるために、聞き取りにとても集中力を使います。短時間でも聞き取りに最大限集中するため、聞き取りの精度向上につながります。またお手本となる英語を流しながら話すため、英語の発音やリズムを意識したスピーキングの練習にも最適です。とても集中力が必要な作業なので、1日1回10分程度を目安にやることをおすすめします。

               ◆

               ◆

話す人がコロコロと変わるとシャドーイングはやりづらいので、1人の人が長く話すスピーチがおすすめです。

引用元: 【コラム#23】シャドーイングのやり方(お手本)

引用させていただいた記事のとおり、もともとは通訳のための練習方法として知られていた方法で、誰かが話した後に、そっくりそのまま話すものです。

「1日10分くらいの訓練がおすすめ」「1人の人が長く話すスピーチがおすすめ」とまさにボクのオススメするTEDでシャドーイングがこの条件にマッチしています。

楽しく感じながら勉強するのが続けるためにはとても大切なので、難しすぎない動画を選ぶのがいいです。

TEDが難しすぎる場合は初級者向けの有料教材から始めるのはアリ

もしTEDが難しすぎる場合、例えばTOEICや英検のリスニングの問題をシャドーイングしてみるとか、初級者向けの有料教材からはじめてみるのもオススメ。

TEDスピーカーのしゃべりが速すぎるときの調整方法

TEDスピーカーのしゃべりが速すぎるときの調整方法

TEDでシャドーイングする場合、まず自分が興味がありそうな動画を探します。

見つけた後、せっかく見つけても喋るのが速くてシャドーイングが難しいスピーカーがいます。

こういった場合におすすめな方法は動画の再生速度を遅くすることです。

TED動画の再生速度を調整する方法

こちらの画像をご覧ください。

TED動画の再生速度を調整する方法

TEDの動画再生画面の右下にある「歯車」のマークをクリックします。

すると「Speed」0.5x ~ 2x という数字が出てきます。

これで再生速度の変更ができます。

試していただくのが一番ですが、ボクは「0.75x」をおススメします。

ちなみに上記サンプルで使用したTED動画Want to be more creative? Go for a walk はボクにとってはスピーカーが話すスピードが速すぎたので0.75x に変更して練習しました。

それくらいでちょうどよかったです。(0.5 はちょっと遅すぎでやりにくかったです。)

動画によって違うので試してみてしっくりくる速度でやるのがいいです。

チャレンジしたいときは速いスピードで練習するのもアリですね。

まとめ

シャドーイングはスピーキングに効果があると断言できます。

実際にシャドーイングをちゃんとやっているときは、仕事でも英語がそこそこスムーズに口からでてくる感覚があります!

逆に練習しなくなると、ぜんぜん口から英語がでてきませんね。

さらにシャドーイングの良いところは、相手がいなくても1人で自主練できることです

英語の自然な発音をマネするので、いままで聞き取れなかった英語の音が聞き取れるようになるのでリスニング力も上がります。

後追いで早いスピードでスクリプトを読みながら英語を口にだすので、リーディングのスピードも上がります。(スクリプトをみないでシャドーイングをする上級者は当てはまりません)

ぜひ英語の勉強にシャドーイングを取り入れてみてください。1日10分積み重ねましょう。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました