【TEDでスキマ時間に英語学習】Robots that “show emotion”

Learning

英語学習で特にシャドーイングをして、英語のスピーキングの練習をしている方におすすめの短め動画をご紹介します。

この記事を書いているボクは、TOEIC800点をとり海外で英語を使って仕事をしていますが、ペラペラとは程遠いショボい感じなので、英語の勉強を続けて積み重ねていこうと思っています。

Robots that “show emotion” (感情をあらわすロボットの開発)

  • 動画のタイトル : Robots that “show emotion” 感情を見せるロボット
  • スピーカー :  David Hanson
  • 長さ : 4分51秒

David Hanson Jr. is an American roboticist and founder and Chief Executive Officer of Hanson Robotics, a Hong Kong-based robotics company founded in 2013.[1]
The designer and researcher creates humanlike robots who have realistic facial expressions and conversational abilities.

引用元:Wikipedia

David Hanson Jr.は、2013年に設立された香港を拠点とするロボット会社、Hanson Roboticsのアメリカのロボット学者兼創立者兼最高経営責任者です[1]。
設計者および研究者は、現実的な表情および会話能力を有する人間のようなロボットを作成します。

Google翻訳

興味があまりなくても短い動画なら割り切れる

動画は2009年のスピーチなので、ちょっと古く、とくにテクノロジーに関する話題ということだと今さら感のある内容かもしれません。

ボクはそれほど詳しい分野ではないので、とくに違和感なく見ることができましたが、詳しくない→そこまで興味がない分野だと、いくら英語学習のためにみていると割り切っていても、内容が頭に入ってきませんね。

そういうときは、英語の発音や口を動かす練習をメインに考え、中身を理解することは捨てる、という判断がよいと思います。

他に動画はたくさんありますし、はじめ興味がないとおもっても、結構ハマってしまうものもありますから。

この動画だってはじめそれほど興味がなかったですが、見終わったあとにスピーカーのDaivid Hansonさんを調べた際に最近のロボットに関する動画をみつけました。

いままで見ることがなかったこういう動画をみて、知らなかったことを勉強ができるのもTEDでいろんな分野の動画を見るメリットでもありますね。

Sophia the Robot's Journey

ここまででTED動画の紹介は終わりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました