※現在サイトメンテナンス中のため一部デザイン崩れがあります

1ギガまで無料の楽天モバイルを1カ月使った感想【すべての人のサブ回線に最適】

楽天モバイルは使ったデータ量が1ギガまでなら無料で使えるのをご存じでしょうか?

例えば海外にしばらく出張する場合、使わないスマホ料金を払うのはもったいないですよね。こんなとき楽天モバイルならデータ使用量1ギガまでなら0円なので、使わなかった月は無料です。

私は以前フィリピンに赴任していた時、格安SIMを契約したままにして日本の携帯番号を維持していました。そうすることで、日本に一時帰国した時にすぐにスマホを使うことができて便利だったんです。

維持費は毎月2千円弱で当初は納得して払っていましたが、あるとき、楽天モバイルのRakuten Unlimited VI(ラクテンアンリミテッドシックス)という新しいサービスなら無料で携帯番号を維持できることを知り、悔しい思いをしていました。

日本に帰任した後、ずっと気になっていた楽天モバイルを調べてみると、楽天モバイルのSIMが1円で購入できるうえに、5,000円分の楽天ポイントまでもらえるキャンペーンがあったので、早速購入しました。

この記事では、購入後1カ月実際に使ってわかった感想をまとめます。

\ モバイルWiFiを1円で購入できて楽天ポイントが5,000円分もらえる! /

目次

1ギガまで無料の楽天モバイルを1カ月実際に使った感想

結論ですが、楽天モバイルは、すべての人にサブ回線としておすすめです。理由を解説していきます。

1円で購入したWiFiルーター「Rakuten WiFi Pocket 2B」

まず私が購入したのはこちらのWiFiルーター「Rakuten WiFi Pocket 2B」

WiFiルーターにスマホやノートPCから接続をするとインターネットができるようになるものです。

このWiFiルーターですが、中には楽天モバイルのSIMが入っており、SIMを取り出してスマホに入れれば、普通に楽天モバイル回線につながる携帯電話として使えます

SIMはこちらの写真の赤枠のところから取り出せます。

私は1カ月使ってみましたが、WiFiルーターは毎日充電しないと電池が持たず充電が面倒だったので、WiFiルーターから楽天モバイルのSIMを取り出してスマホに2枚目のSIMとして入れて使うことにしました。

SIMを2枚入れる事ができるDualSIM対応のスマホならこの使い方ができておすすめです。

楽天モバイルは電波がつながりにくい、という話がありますが、私の暮らしている地域ではつながりにくいことはないけれど、建物の中で電波が弱いと感じました。速度は家のWiFiに比べるとWebサイトを見に行ったときにたまに表示が遅いなあと思う程度でした。

ちなみにこの「Rakuten WiFi Pocket 2B」は、モバイルWiFi実質0円お試しキャンペーン」中で、1円で購入できて、楽天モバイルアンリミテッドをはじめて使う場合はさらに5,000円分の楽天ポイントがもらえます。

契約事務手数料ほかすべて0円なので、申し込んで1円払うだけで楽天ポイントをゲットできてしまうとんでもなくお得なものです。

データを使わなければ通信料は0円。ドコモなど他キャリアで必要になるユニバーサルサービス料の月額3円も無料です。(加入電話、公衆電話、緊急通報などの電話サービスを日本全国に供給するための費用)

楽天モバイルは3カ月データ通信を使った形跡がないと、契約を解除されてしまう可能性があるので、毎月少しだけでもデータ使用実績を作っておきましょう。

楽天モバイルをためしてみたいけど、お金をかけたくないという人は今なら1円で「Rakuten WiFi Pocket 2B」を購入できて、さらに、楽天ポイントが5,000円分もらえるのでおすすめです。

しかも、はじめの3カ月間はどれだけ使っても無料だし、その後も1ギガまでならずっと無料で維持できます。お得なモバイルWiFiは、楽天モバイルの公式サイトの「製品」→「Wi-Fiルーター/周辺機器」から購入できます。

楽天モバイルのメリットデメリット

ここでは実際に使ってわかった楽天モバイルのメリットデメリットをまとめます。

楽天モバイルのメリット

主に3つのメリットがあります。

① 使ったデータ1ギガまでなら無料、20ギガ超過したら3,278円で無制限
② 電話の国内通話なら専用アプリで無料で完全かけ放題
③ 3カ月無料をはじめ楽天ポイントがもらえるキャンペーン

使ったデータ1ギガまでなら無料、20ギガ超過したら3,278円で無制限

1ギガまでなら無料っていうのがまずスゴイですよね。反対にどんなにヘビーに使う人でも、月額3,278円が上限なので、安心して使い倒せます。

電話の国内通話なら専用アプリで無料で完全かけ放題

公式サイトから引用

Rakuten Linkアプリから電話をかければ国内通話かけ放題になります。

年々電話をかけることって減ってきてはいますが、子供がいると、学校や習い事関係で電話をかける機会がありますよね?

そんなとき楽天モバイルなら、アプリ経由で電話をかければ無料で国内通話ができるんです。普通に電話をかけたら30秒で22円かかるところが無料になるのはいいですよね。

国内通話が無料になるだけでも楽天モバイル回線を持っておく価値があります

3カ月無料をはじめ楽天ポイントがもらえるキャンペーン

楽天モバイルでは下記のようなキャンペーンが実施されています。

  • Rakuten Unlimited VI プラン料金3カ月無料
  • iPhoneを使っていて他社からMNPをすると最大20,000楽天ポイント
  • モバイルWiFi実質0円お試しキャンペーン
    その他たくさんキャンペーンあり

Rakuten Unlimited VI プラン料金3カ月無料」キャンペーンは、実はほぼ4カ月無料になるんです。何でかというと、3カ月が経過した日の月末までが無料期間になるからです。

例えば10/2に契約した場合、10/2から起算して3カ月なので、翌年の1/1までとなりますが、実はその月末までが無料期間となるので、1/31まで無料です。

他にも割引になるキャンペーンがたくさん用意されていますので、公式サイトを確認してみてください。

楽天モバイルのデメリット

楽天モバイルの唯一のデメリットは、電波がつながりにくいことです。

楽天モバイルは電波がつながりにくいことがある

電波がつながりにくいことがある

楽天モバイルは自社の回線エリアをどんどん拡大しており、実際東京ではほぼすべてのエリアをカバーできている状況で、2021年内に96%の人口カバー率となる予定です。

携帯電話の人口カバー率は、99%を超えた残りの1%をどう埋めるかが、各社の腕の見せどころとなる。そのカギとなるのがプラチナバンドだ。プラチナバンドを割り当てられていなかった当時のソフトバンクは、数年間で兆円規模の設備投資を行い基地局数を約3倍に増やしたにもかかわらず、利用者から「つながりにくい」との不満を浴びていた。

— 省略 —

国内で5G向けの周波数としては3.7GHz帯、4.5GHz帯、28GHz帯が使われており、総務省は19年に大手3社と楽天に割り当てている。

5Gでの競争は、楽天と大手3社で横一線。先頭に立つには、28GHz帯などの高い周波数エリアを地道に増やすしかない。最新の機器を使って設備投資を割安にできる楽天にも十分勝機はある。楽天には、プラチナバンドにこだわった周波数再編よりも、5G時代を主導する新サービスを開拓していく役割を期待したい。

引用元:IT Media News「「プラチナバンド」 楽天、周波数再編で獲得熱望 大手3社の本音は

このプラチナバンドというドコモ・AU・ソフトバンクには割り当てられている周波数が楽天モバイルにはまだ割り当てられていないため、これにより、建物内でつながりにくいことが起きています。

現在プラチナバンド獲得のため楽天モバイルも積極的な会員獲得を進めているので今後に期待したいところですが、先を見越して次世代の5Gへの対応で大手3社との差を一気に縮めてほしいものです。

結論:楽天モバイルはすべての人のサブ回線に最適

楽天モバイルの通話が0円で使えるところや、データ1ギガまでなら0円のところは本当に便利でお得なのですべての人におすすめできます

でも住んでいる地域によっては、つながるかどうかが心配という人もいるはずです。そんな場合は、サブ回線として新規で楽天モバイルを契約をするのがおすすめです。

楽天モバイルのおすすめ機種を紹介

実際に楽天モバイルを契約するならどんな機種がおすすめなのか?を解説します。

WiFiルーター(Rakuten WiFi Pocket 2B

まずおすすめなのは、先ほどからご紹介しているモバイルWiFiキャンペーンがお得な 「Rakuten WiFi Pocket 2B」 です。

そのままWiFiルーターとして使うのもいいし、中に入っている楽天モバイルのSIMカードを取り出して、自分のスマホに入れて2枚使いをしてもOKです。

2021年9月現在なんと1円で購入できて、楽天モバイルアンリミテッドをはじめて使う場合はさらに5,000円分の楽天ポイントまでもらえます。

契約事務手数料ほかすべて0円なので、申し込んで1円払うだけで楽天ポイントをゲットできてしまうとんでもなくお得なものです。

今なら実質4,999円をもらって楽天モバイルを使いはじめることができて、しかも3カ月無料の超VIP待遇だし、無料期間が終わっても1ギガまでなら無料で維持できます。

楽天モバイルの公式サイトの「製品」→「Wi-Fiルーター/周辺機器」から購入できます。

iPhone 13(Pro、Pro Max、mini)

一括払いは携帯キャリアの中で楽天モバイルが最安

楽天はiPhoneユーザー獲得に力を入れていて、Appleの公式サイトとほぼ同じ価格で購入することができます。楽天モバイル以外のキャリアだと数万円高い価格で売られているんですよね。

2021年9月24日に発売になる iPhone 13も携帯キャリアの中では最安で購入できるのでお得です。

例えば、 iPhone13 Pro Max の128GB 新規で一括購入の場合
・ドコモは 165,528円
・AUは 156,995円
・ソフトバンクは 157,680円
・楽天モバイルは 134,800円

分割払いで毎月の負担を少なく、賢く最新のiPhoneを使い続ける

今や携帯電話は2年に一回くらいのペースで買い替えるものですが、iPhoneって本当に高くて毎回10万円近くするものを買い続けるのはきついですよね。

でもiPhone以外使いたくない!という人にすごく魅力的な「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」というものがあります。

  • Step1:iPhoneを選んで購入
  • Step2:iPhoneを2年間使う
  • Step3:25カ月目以降に新しいiPhoneに機種変更する(Step1にもどる)
    ※事務手数料3,300円と、機種状態によって修理代金がかかる場合あり

これすごくないですか?

48回払い(4年間)で分割払いにして、2年間(24カ月)使った後は、返却か新しいiPhoneに機種変更をすれば、残りの支払いをする必要がないというものです。

返却されたiPhoneは中古市場に出回ることで残債を回収するんでしょうね

また、 「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」 は楽天モバイルの Rakuten Unlimited VI会員でなくても購入可能なので、格安SIMを使っている人でもお得にiPhoneを使い続けることができます。

iPhone欲しいけど高くて手が出ないよ・・って人もこれならいけそうじゃないですか?

また分割手数料を0円にするには楽天カードで支払う必要があるので、これを機に楽天のサービスで固めて楽天経済圏にどっぷりとつかるのもいいですね。

まとめ

楽天モバイルのメリット

  • 使ったデータ1ギガまでなら無料、20ギガ超過したら3,278円で無制限
  • 電話の国内通話なら専用アプリで無料で完全かけ放題
  • 3カ月無料をはじめ楽天ポイントがもらえるキャンペーン

楽天モバイルは国内電話が無料でかけ放題で、データ使用量が1ギガまでなら無料なので、タダで使うことができます。

楽天モバイルを検討している人におすすめしたいのは、「モバイルWiFi実質0円お試しキャンペーン」でモバイルルーターを1円で購入+5,000円分の楽天ポイントがもらえます。

また楽天モバイルでは、最新機種のiPhone13をドコモ/AU/ソフトバンクと比較して最安価格で購入できるし、「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すれば2年ごとにiPhoneを返却して最新機種に買い替えすることで、お得に新しいiPhoneを使うことができます。

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」 は楽天モバイルのSIMを契約しなくてもいいので、他社のSIMでiPhoneを使いたい人にもおすすめです。

\ 1ギガまで携帯料金が無料!国内電話も無料でかけ放題 /

あわせて読みたい
海外赴任中に日本の携帯番号を維持する理由【赴任前に読んでほしい】 この記事でわかること 海外赴任中に日本の携帯番号を維持したほうが良い理由携帯番号を維持するおすすめの方法 海外赴任中に日本の電話番号をそのままにしておいたほう...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる