フィリピン株 Services(サービス)セクター銘柄紹介【Cebu Air, Inc. (CEB)】

COLUMN

フィリピン株式市場に上場されている銘柄紹介です。

この記事を書いているボクはフィリピン株投資をはじめて1年ちょっと。

ちょこっと買ってみた財閥系銘柄はほとんど値動きがなく、他にもっと面白い銘柄を探して勉強しながら投資していきたいと思っています。

フィリピン株 Services(サービス)セクター銘柄紹介【Cebu Air, Inc. (CEB)】

会社概要

LCC(格安航空会社)のセブ・パシフィックです。

フィリピン富豪ランク第2位のゴコンウェイ財閥が経営するグループの企業です。

Cebu Air, Inc. (CEB), which is an airline company that operates under the trade name “Cebu Pacific Air,” was incorporated on August 26, 1988. Its common stock was listed with the Philippine Stock Exchange on October 26, 2010. The Company was granted a 40-year legislative franchise to operate international and domestic air transport services in 1991. CEB commenced its scheduled passenger operations in 1996 with its first domestic flight from Manila to Cebu. International operations began in 2001 with flights from Manila to Hong Kong. 

CEB pioneered the “low fare, great value” strategy in the local aviation industry. In 2005, the Company adopted the low-cost carrier (LCC) business model, whose strategy is to offer affordable air service to passengers.

On March 20, 2014, CEB acquired 100% ownership of Tiger Airways Philippines (TAP), including a 40% stake in Roar Aviation II Pte. Ltd.,a wholly-owned subsidiary of Tiger Airways Holdings Limited. On April 27, 2015, with the approval of the Securities and Exchange Commission, TAP was rebranded and now operates as CEBGO, Inc. 

CEB currently operates a fleet of 57 aircraft which comprises of four Airbus A319, 36 Airbus A320, eight ATR 72-500, seven Airbus A330, and two ATR 72-600 aircrafts. It operates its Airbus aircraft on both domestic and international routes. The average aircraft age of the Group’s fleet is approximately 4.91 years as of December 31, 2016.

At present, the Group operates an extensive route network serving 59 domestic routes and 43 international routes with a total of 2,820 scheduled weekly flights. It operates from seven hubs located in Pasay City, Metro Manila; Lapu-Lapu City, Cebu; Clark, Pampanga; Davao City, Davao del Sur; Ilo-ilo City, regional center of western Visayas region; and Kalibo, Aklan.

引用元:PSE Edge

Cebu Air、Inc.(CEB)は、1988年8月26日に商号「Cebu Pacific Air」で運営されている航空会社で、2010年10月26日にフィリピン証券取引所に上場されました。当社は1991年に国際および国内の航空輸送サービスを運営するための40年の立法上のフランチャイズを付与された。CEBはマニラからセブへの最初の国内便で1996年にその予定された旅客運航を開始した。 2001年にマニラから香港への国際線の運航が始まりました。
CEBは、地元の航空業界で「低運賃、高価値」戦略を開拓しました。 2005年、当社は低コストの航空会社(LCC)ビジネスモデルを採用しました。その戦略は、手頃な価格の航空サービスを乗客に提供することです。
2014年3月20日、CEBはRoger Aviation II Pteの40%の出資を含む、Tiger Airways Philippines(TAP)の100%所有権を取得しました。タイガーエアウェイズホールディングスリミテッドの完全子会社。 2015年4月27日、TAPは証券取引委員会の承認を得てブランド名を変更し、現在はCEBGO、Incとして運営されています。
CEBは現在、4機のエアバスA319、36機のエアバスA320、8機のATR 72-500、7機のエアバスA330、および2機のATR 72-600からなる57機の航空機を運航しています。エアバスの航空機は国内線と国際線の両方で運航しています。 2016年12月31日現在、当グループの航空機の平均航空機年齢は約4.91歳です。
現在、当グループは、国内線59路線および国際線43路線、毎週合計2,820便の定期便を運航しています。マニラ首都圏のパサイ市にある7つのハブから運営されています。ラプラプ市、セブ。クラーク、パンパンガ。ダバオ市、ダバオデルスール。イロイロ市、ヴィサヤ西部地域の中心地。とカリボ、アクラン。

Google翻訳

株価チャート

引用元:BPI Trade

CEBの過去10年のチャートです。

2019年の最後のラインがびよっと下に飛び出ています。

これは、つい先日市場が閉まる時間の寸前に証券会社の手違いで、売り注文を間違って出してしまったのがキャンセルできず、終値が大幅に下がった日(80→50)があったことが原因です。

現地のニュース記事を見て、すべての内容が理解できなかったのですが、もしかすると安値で買うことができるのかも?

と翌朝市場が開くときに前日の終値付近を指値で買い注文を出して楽しみにみていたのですが、普通に80台に株価が戻り、買えなかったところをみると、誤発注した分はキャンセルできたということのようですね。

そのあたりのフィリピン証券市場の仕組みが脆弱というか、まだよくわからない状況です。

財務情報(過去3年)

データの引用元はBPI Tradeです。

201820172016
Sales 売上59.751 B54.535 B50.156 B
EBT 税引前利益3.48 B8.21 B9.72 B
Net Income 当期純利益3.92 B7.91 B9.75 B
Dividend Yield 配当利回り6.15 %2.75 %2.15 %

6%の配当利回りは特筆ものですね。

フリーキャッシュフローが、過去3年で減少してはいるものの、2015年以来マイナスになっていることは気になります。

Vision/Mission/Values

Vision

Cebu Pacific: The most successful low-cost carrier in the world​​​​

CEB Pacific Airサイトより

セブパシフィック:世界で最も成功しているLCC

自前翻訳

Mission

“Why everyone flies.​”  ​  ​​​
Cebu Pacific brings people together through safe, affordable, reliable, and fun-filled air travel.
We are committed to innovation and excellence in everything we do.
We are an employer of choice providing opportunities for professional and personal growth.
We have a deep sense of family values throughout our airline.
We enhance the quality of life of the communities we serve and are an active partner in our nation’s progress.
We offer our shareholders a fair return on their investments..

CEB Pacific Airサイトより

「なぜ誰もが飛ぶのです」
セブパシフィック航空は、安全で、手頃な価格で、信頼性の高い、そして楽しい旅行で、人々を結び付けます。
私達は私達がするあらゆることにおいて革新と卓越性に尽力しています。
私たちは、職業的および個人的成長の機会を提供する選択のある雇用主です。
私達は私達の航空会社を通して家族の価値観について深い感覚を持っています。
私たちは私たちが奉仕する地域社会の生活の質を高め、私たちの国の進歩において積極的なパートナーです。
私達は私達の株主に彼らの投資から公正な利益を提供します。

Google翻訳

タイトルとURLをコピーしました