フィリピン株 Industrial(産業)セクター銘柄紹介【Bogo-Medellin Milling Company, Inc. (BMM)】

Philippine Stock

フィリピン株に興味のある方向けにこの記事を書いています。

ボクはフィリピン株式投資をはじめて1年たちますが、はじめに財閥系銘柄を試しに買って以来放置しているので、収支はトントン。もっと積極的に買っていきたいと思って銘柄を調べています。

フィリピン株 Industrial(産業)セクター銘柄紹介【Bogo-Medellin Milling Company, Inc. (BMM)】

この記事でご紹介するのはフィリピン株式市場のIndustrial(産業)セクター銘柄、
Bogo-Medellin Milling Company, Inc. (銘柄コード:BMM)です。

Industrial (産業)セクターは67社あります。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

それではここ10年の株価チャートからご紹介します。

株価チャート

2017年、2018年にそれぞれ2倍の株価に急騰していますね。現在は急騰前の株価に戻っていて2019年は横ばいのようです。

会社概要

Bogo-Medellin Milling Company, Inc. (BMM), which was incorporated on June 4, 1928, is a Sugar Mill, a manufacturing company, principally engaged in the milling/manufacturing of centrifugal raw sugar with molasses as its by-product. The raw materials are sugar canes from various sugar cane plantations owned by about 438 planters within the district.

Aside from the mill’s proximity to the sugar cane plantations, BMM put up three transloading stations, situated to serve planters whose plantations are far from the mill. The cane yard at mill site was expanded in 2010 to accommodate canes delivered to the mill, with the mill’s capacity remaining unchanged from 1994 at 3,000 tons of cane per day and three transloading stations.

BMM’s wholly-owned subsidiary, BOMEDCO Agricultural Corporation (BAC), formerly Northern Cebu Agricultural Corporation, was established to develop and cultivate private agricultural lands, and to harvest, preserve, pack and sell the products of said lands. BAC, which started commercial operations on October 1, 2000, produces sugar cane from its plantation for milling with BMM. 

引用元:PSE Edge から引用

1928年6月4日に設立されたBogo-Medellin Milling Company、Inc。(BMM)は、糖蜜を副産物とする遠心生糖の製粉/製造を主に行っている製造会社であるSugar Millです。原材料は、地区内の約438のプランターが所有するさまざまなサトウキビ農園のサトウキビです。
製粉所とサトウキビ農園が近接していることを除けば、BMMは3つの積込み作業所を設置し、その農園が製粉所から遠く離れているプラ​​ンターにサービスを提供しています。工場敷地の杖ヤードは2010年に工場に納入される杖を収容するために拡張されました。工場の容量は1994年から変わらずに1日あたり3,000トンの杖と3つの積み込みステーションです。
BMMの全額出資子会社であるBOMEDCO Agricultural Corporation(BAC)は、以前はNorthern Cebu Agricultural Corporationで、私有農地の開発と耕作、およびそれらの農産物の収穫、保存、梱包、販売のために設立されました。 2000年10月1日に商業操業を開始したBACは、BMMで製粉するためのプランテーションからサトウキビを生産しています。

Google翻訳

財務情報

2018年の情報です(引用元:BPI Trade、単位フィリピンペソ、M=ミリオン=百万)

Sales 売上 238.12M
Cost of Sales 売上原価 192.78M
Gross Profit 売上総利益/粗利益 45.34M
EBT 税引前利益-20.52M
Net Income 当期純利益 -23.36M
Dividend Yield 配当利回り

Vision/Mission/Values

企業のwebサイトを見つけることができませんでした。イマドキすこしびっくりな感じですが、みつけられていないだけかもしれないので、もしどなたか見つけられましたらご一報ください。

ちなみにCebuを拠点とする企業のようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました