フィリピン株式市場に上場している金融セクター全31銘柄のまとめ【フィリピン株初心者向け】

COLUMN

フィリピン株に興味があり、どんな銘柄があるのか知りたいです。

あと、これから値上がりしそうな銘柄を見つけたいです。

こういった方向けにこの記事を書いています。

この記事を書いているボクは2018年にフィリピンの証券会社の口座開設をし、財閥系の銘柄をためしに買ってそのまま放置していますが、これからもっと売買していきたいと思っています。

フィリピン株式市場上場銘柄何社か知っていますか?」の記事に書いたとおりフィリピン株式市場に上場している銘柄数は269銘柄あります。

フィリピン株式市場は「メインボード:265銘柄」と「中小・新興向けボード:4銘柄」の2つに分かれており、メインボード265銘柄は6つのセクターに区分されています。

メインボード 265銘柄
  • 31銘柄:Financial (金融)
  • 67銘柄:Industrial (産業)
  • 41銘柄:Holding Firms (持株会社)
  • 38銘柄:Property (不動産)
  • 64銘柄:Services (サービス)
  • 24銘柄:Mining and Oil (鉱業・石油)

この記事では金融セクターの全31銘柄についてボクなりにまとめましたので、参考にしていただければうれしいです。

フィリピン株式市場に上場している金融セクター全31銘柄のまとめ

それでは金融セクター全31銘柄の一覧です。

金融セクター全31銘柄のリスト

単位はフィリピンペソ。Bはビリオンペソ=10億ペソ、Mはミリオンペソ=百万ペソ。

2017年の売上高、当期純利益、配当利回りについてまとめました。

銘柄名 銘柄コード サブセクター 売上高
Sales
当期純利益
Net income
配当利回り
Dividend Yield
Allied Banking Corporation ABC Banks
Asia United Bank Corporation AUB Banks 6.79B 2.80B 2.51%
BDO Leasing and Finance, Inc. BLFI Other Financial Institutions 2.84B 570.5M 5.24%
BDO Unibank, Inc. BDO Banks 115.4B 32.71B 0.92%
Bank of the Philippine Islands BPI Banks 69.4B 23.08B 0.96%
Bright Kindle Resources & Investments Inc. BKR Other Financial Institutions 8.84M
COL Financial Group, Inc. COL Other Financial Institutions 678.7M 378.7M 3.87%
China Banking Corporation CHIB Banks 21.7B 7.51B 2.40%
Citystate Savings Bank, Inc. CSB Banks 192.9M -87M
East West Banking Corporation EW Banks 23.1B 4.51B
Export and Industry Bank, Inc. EIBA Banks 158.7M -813.7M
Ferronoux Holdings, Inc. FERRO Other Financial Institutions -15.56M
Filipino Fund, Inc. FFI Other Financial Institutions -23M 1.09%
First Abacus Financial Holdings Corporation FAF Other Financial Institutions 186.44M -19.37M
I-Remit, Inc I Other Financial Institutions 812.51M 44.17M 1.72%
MEDCO Holdings, Inc. MED Other Financial Institutions 59.66M
Manulife Financial Corporation MFC Financial 930B 185.9B 4.70%
Metropolitan Bank & Trust Company MBT Banks 79.66B 22.01B 1.24%
National Reinsurance Corporation of the Philippines NRCP Other Financial Institutions 2.17B 50.10M
NextGenesis Corporation NXGEN Banks -2.32M
Philippine Bank of Communications PBC Banks 3.2B 718.7M
Philippine Business Bank PBB Banks 3.6B 640.09M
Philippine National Bank PNB Banks 30.2B 9.47B
Philippine Savings Bank PSB Banks 12.4B 2.65B 3.79%
Philippine Trust Company PTC Banks 1.58B 1.61B 0.13%
Rizal Commercial Banking Corporation RCB Banks 22B 4.31B 1.07%
Security Bank Corporation SECB Banks 23.9B 8.61B 1.94%
Sun Life Financial Inc. SLF Other Financial Institutions 722B 112.86B 3.02%
The Philippine Stock Exchange, Inc. PSE Other Financial Institutions 1.1B 828M 2.89%
Union Bank of the Philippines UBP Banks 23B 7.32B 2.97%
Vantage Equities, Inc V Other Financial Institutions 618.4M 654.28M

フィリピン株価指数(PSEi)の 4銘柄

「銘柄名」に黄色いアンダーラインが引いてある4銘柄は、フィリピン株価指数(PSEi)を構成する銘柄です。

フィリピン株価指数(PSEi)に関しては 「フィリピン総合指数(PSEi)を構成する30銘柄のご紹介【フィリピン株の代表30銘柄」の記事にまとめています。

フィリピン株価指数(PSEi)を構成する30銘柄のうちの4つということで、フィリピンを代表する会社です。

  • BDO Unibank, Inc. :フィリピン最大手の銀行。SMグループ。
  • Metropolitan Bank & Trust Company :第2位の銀行。GTグループ。
  • Bank of the Philippine Islands :第3位の銀行。アヤラグループ。
  • Security Bank Corporation :第6位の銀行。珍しくどの財閥グループにも属していない。

休眠状態?6銘柄

「銘柄名」に赤いアンダーラインが引いてある6銘柄は、数年売上高のない本業が休眠状態と思われる会社です。

「売上高」「当期純利益」「配当利回り」のところで「–」となっているところは、引用元の証券会社 BPI Trade のWebサイトで記載が空欄になっているものです。

以下6銘柄はここ数年「売上高」が「–」となっている会社で、それぞれに事情はあるようですが、おおむね休眠状態といえるのではないかと判断しています。

  • Allied Banking Corporation
  • Bright Kindle Resources & Investments Inc.
  • Ferronoux Holdings, Inc.
  • Filipino Fund, Inc.
  • MEDCO Holdings, Inc.
  • NextGenesis Corporation

フィリピン株では裏口上場が普通に行われているのを知っていますか?」の記事で「フィリピンの上場企業のなかには 過去数年売上がないような休眠会社が存在している」とご紹介しましたが、今回まとめた結果、金融セクターにも休眠状態の銘柄が6銘柄あることがわかりました。

金融セクターのおよそ20%が休眠状態ということですね・・・

売上高 Sales TOP3

保険会社2銘柄がダントツ。3位に先ほども挙げた銀行最大手BDOが入ってきます。

  1. Manulife Financial Corporation :930B ペソ
  2. Sun Life Financial Inc. :722Bペソ
  3. BDO Unibank, Inc. :115.4Bペソ

配当利回り TOP3

配当利回りTOP3です。5%台は優秀ですね。

  1. BDO Leasing and Finance, Inc. :5.24% 最大手銀行BDO Unibank子会社のリース会社
  2. Manulife Financial Corporation :4.70% 金融セクター売上TOPの保険会社
  3. COL Financial Group, Inc. :3.87% オンライン証券会社

31銘柄の株価チャートと会社概要

31銘柄それぞれのチャートと、どのような会社なのかをまとめました。

Allied Banking Corporation (ABC)

リストに赤いアンダーラインを引いたように、休眠状態とみなしている会社です。チャートが白紙です・・

Allied Banking Corporation is now Philippine National Bankwas one of the largest banks in the Philippines. On February 9, 2013, the bank was merged with Philippine National Bank, creating the fourth largest private domestic bank in the Philippines.

引用元:Wikipedia

Allied Banking Corporationは現在、フィリピン最大の銀行の1つであるフィリピン国立銀行でした。 2013年2月9日、同行はフィリピン国立銀行と合併し、フィリピンで4番目に大きい民間国内銀行を創設しました。

Google翻訳

2013年に合併して現在フィリピンで4番目に大きい民間銀行「Philippine National Bank」になっています。

約6年前に実体がなくなっている会社の名前がPSEのメインボードに載ったまま、といいうところがオドロキです。

Asia United Bank Corporation (AUB)

INCORPORATION DATE:
October 3, 1997

CORPORATE PROFILE:
Asia United Bank, which was incorporated in 1997, started out as a joint venture between aconsortium of Filipino industrialists Jacinto L. Ng, Sr., Luis U. Ang, and Jose S. Sandejas,and Taiwanese investment banks China United Trust & Investment Corporation and ChinaDevelopment Industrial Bank. The company began its commercial operations as acommercial bank, but was eventually licensed by the Bangko Sentral ng Pilipinas tooperate as a universal bank in 2013

引用元:BPI Trade

会社設立日:
1997年10月3日


会社概要:
1997年に設立されたアジアユナイテッド銀行は、フィリピンの産業家、Jacinto L. Ng、Sr.、Luis U. Ang、およびJose S. Sandejasの協同組合と台湾の投資銀行China United Trust&Investment Corporationとの合弁事業として始まりました と中国開発工業銀行。 同社は商業銀行として商業業務を開始しましたが、最終的に2013年にユニバーサルバンクとして機能するようにBangko Sentral ng Pilipinasからライセンスを受けました。

Google翻訳

1997年に市中銀行として設立された比較的新しい銀行で、台湾とのつながりが強いようです。

2013年には総合銀行として認可され上場をはたし 、2016年には3社を合併しています。

フィリピンでも銀行の統廃合がすすんでいるようですね。

BDO Leasing and Finance, Inc. (BLFI)

INCORPORATION DATE:
March 10, 1981

CORPORATE PROFILE:
BDO Leasing and Finance , formerly PCI Leasing and Finance, Inc., was incorporated in1981 as the financing and leasing company and wholly-owned subsidiary of Equitable PCIBank, Inc. Its shares were listed in the Philippine Stock Exchange in 1997.In 2007, the company became a subsidiary of listed firm BDO Unibank, Inc., when Bancode Oro Universal Bank (BDO) and Equitable PCI Bank entered into a merger, with BDO asthe surviving entity.

引用元:BPI Trade

会社設立日:
1981年3月10日

会社概要:
BDO Leasing and Finance(旧PCI Leasing and Finance、Inc.)は、1981年にEquitable PCIBank、Incのファイナンスおよびリース会社および完全所有子会社として設立されました。その株式は1997年にフィリピン証券取引所に上場されました。 当社は、Bancode Oro Universal Bank(BDO)とEquitable PCI Bankが、存続会社であるBDOと合併した際に、上場会社BDO Unibank、Inc.の子会社となりました。

Google翻訳

先ほど金融セクターの「配当利回り」ナンバーワンとして紹介した銘柄です。

フィリピンの最大手銀行 BDO Unibank の子会社で、リース事業を主とする会社です。

また、BDO Unibankは、フィリピン最大手小売りグループである、SMグループ傘下です。

フィリピンではいたるところにあるSMモール。モールの中に必ずといっていいほど入っているのがBDO銀行の店舗です。

土日祝日もモール内の店舗は営業しているようで、フィリピン人から人気のある銀行です。

BDO Unibank, Inc.(BDO)

BDO

INCORPORATION DATE:
January 2, 1968

CORPORATE PROFILE:

BDO Unibank was established in 1968 as Acme Savings Bank, a thrift bank with only twobranches. It was acquired by the SM group in 1976 and renamed as Banco de Oro Savingsand Mortgage Bank. The bank initially provided services primarily to the suppliers ofShoe Mart, Inc., but eventually widened its client base. It changed its name to Banco de OroCommercial Bank in 1994, then to Banco de Oro Universal Bank in 1995, to reflect thechanges in its status and the types of services that it offered.In May 2007, the bank merged with Equitable PCI Bank to form Banco de Oro-EPCI Inc. Itscorporate name was changed to Banco de Oro Unibank, Inc. in 2008, then to its presentform in 2011.

引用元:BPI Trade

会社設立日:
1968年1月2日


会社概要:
BDO Unibankは1968年にAcme Savings Bankとして設立されました。 1976年にSMグループに買収され、Banco de Oro Savingsand Mortgage Bankと改名されました。 同行は当初、主としてシューマート社の供給業者にサービスを提供していたが、最終的には顧客基盤を拡大した。 1994年に名称をBanco de OroCommercial Bankに変更し、1995年にBanco de Oro Universal Bankに変更しました。その状況と提供していたサービスの種類の変化を反映しています。 Banco de Oro-EPCI Inc. 2008年に社名をBanco de Oro Unibank、Inc.に変更し、2011年に現在の形式に変更しました。

Google翻訳

何度かこの記事に書いた通り、フィリピン最大手銀行、かつフィリピン最大手小売りグループSMグループ傘下、フィリピン総合指数PSEiを構成する銘柄のひとつでもあり、フィリピンを代表する会社です。

Bank of the Philippine Islands(BPI)

INCORPORATION DATE:
January 4, 1943

CORPORATE PROFILE:
Founded in 1851, Bank of the Philippine Islands was the first bank formed in the countryand was the issuer of the first currency notes in 1855. It financed the first tram service,telephone system, and electric power utility in Manila and the first steamship in the country.The company was the only domestic commercial bank in the Philippines for many yearsafter its founding, and eventually evolved as a fully diversified universal bank in the early1980s through both organic growth and mergers and acquisitions.The company consummated three major bank mergers since the late 1990s: with CityTrust Banking Corp. in 1996, with Far East Bank & Trust Company in 2000, and withPrudential Bank in 2005. In 2011, the company acquired the trust business of foreign bankING Bank N.V. Manila, the first such transaction in the Philippines. The company alsoforged a partnership with Century Tokyo Leasing Corp., one of the largest leasingcompanies in Japan, with the aim of enhancing its asset financing products.

引用元:BPI Trade

会社設立日:
1943年1月4日


 会社概要:
1851年に設立されたフィリピン諸島銀行は、同国で最初に設立された銀行であり、1855年に最初の通貨紙幣を発行した会社です。マニラで最初の路面電車サービス、電話システム、および電力事業に資金を供給しました。創業以来長年にわたりフィリピンで唯一の国内商業銀行であり、1980年代初頭には有機的成長とM&Aにより、完全に多様化したユニバーサル銀行として発展しました。 1990年代:1996年にCityTrust Banking Corp.、2000年にFar East Bank&Trust Company、そして2005年にWithPrudential Bankを手がけました。2011年、同社はフィリピンで最初の海外銀行であるINGBank NV Manilaの信託業務を買収しました。また、同社はアセットファイナンス商品の強化を目的として、日本最大のリース会社の1つであるCentury Tokyo Leasing Corp.との提携も推進しています。

財閥アヤラグループ傘下のフィリピン第三位の大手銀行で、PSEiを構成する銘柄のひとつです。

Bright Kindle Resources & Investments Inc.(BKR)

INCORPORATION DATE:
December 4, 1981

CORPORATE PROFILE:
Bright Kindle Resources & Investments was incorporated as Philippine Commercial CreditCard, Inc. in 1981 to manage and operate the Mastercard international credit cardoperations of Philippine Commercial International Bank (PCIBank). The company wasrenamed as Bankard, Inc. in 1992.In 1995, the company had the distinction of being the first publicly traded credit card firm inthe country as it listed its shares in the Philippine Stock Exchange.Bankard was acquired by RCBC Capital Corporation, a wholly-owned investment housesubsidiary of listed firm Rizal Commercial Banking Corporation (RCBC), in 2000. Thecompany managed the credit card business of RCBC until the latter divested its stake in2013 in favor of RYM Business Management Corporation and other investors.The company changed its corporate name to its present form in 2013 as it amended itsprimary purpose to that of a holding company.

引用元:BPI Trade

会社設立日:
1981年12月4日


  会社概要:
Bright Kindle Resources&Investmentsは、1981年にPhilippine Commercial International Bank(PCIBank)のMastercardの国際クレジットカード業務を管理および運営するためにPhilippine Commercial CreditCard、Inc.として設立されました。 同社は1992年にBankard、Inc.に改名されました。1995年に同社はフィリピンの証券取引所に株式を上場したことで国内で最初に上場したクレジットカード会社であるという区別がありました。 2000年に上場企業Rizal Commercial Banking Corporation(RCBC)の完全所有投資家子会社。RCYCが2013年にRYM Business Management Corporationおよび他の投資家のためにその持分を譲渡するまで、RCBCのクレジットカード事業を管理していた。 それは持株会社のそれにその主な目的を修正したので、2013年にその現在の形に名前を付けます。

上記リストで赤いアンダーラインを引いて休眠状態認定をしてしまいましたが、元のクレジットカード事業は続けていないためSalesが発生しておらず、持株会社に移行し、 上場会社のMarcventures Holdings Inc. ( MARC) の20.21%を保有しているようです。

引用元: http://edge.pse.com.ph/companyInformation/form.do?cmpy_id=66

COL Financial Group, Inc.(COL)

INCORPORATION DATE:
August 16, 1999

CORPORATE PROFILE:
COL Financial Group was incorporated as CitisecOnline.com, Inc. in 1999 to engage in thebusiness of broker and/or dealer of securities, and to provide stock brokerage servicesthrough Internet technology. Its shares were listed in the Philippine Stock Exchange throughan initial public offering in 2006.

引用元 BPI Trade

会社設立日:
1999年8月16日


  会社概要:
COL Financial Groupは、1999年にCitisecOnline.com、Inc.として法人化され、証券のブローカーおよび/またはディーラーの事業に従事し、インターネット技術を通じて株式仲介サービスを提供しています。 その株式は2006年に新規株式公開によりフィリピン証券取引所に上場されました。

COLは金融セクターの配当利回り第3位(3.8%)で紹介しました。

1999年創業のオンライン証券会社ということで若い会社ですね。

China Banking Corporation(CHIB)


INCORPORATION DATE:
July 20, 1920

CORPORATE PROFILE:
China Banking, or Chinabank, was incorporated in 1920 as the first privately-owned localcommercial bank in the Philippines. The company originally catered mainly to theChinese-Filipino commercial sector, but has expanded through the eyars to include theretail and consumer segments.The company was listed in the Philippine Stock Exchange in 1927, and acquired thelicense to operate as a universal bank in 1991.

引用元:BPI Trade

会社設立日:
1920年7月20日


会社概要:
チャイナ・バンキング(Chinabank)は、1920年にフィリピンで最初の個人所有の地元商業銀行として設立されました。 1927年にフィリピン証券取引所に上場し、1991年にユニバーサルバンクとして事業を営むためのライセンスを取得しました。

Google翻訳

SMグループ傘下の銀行です。こちらもSMのモールの中に店舗が入っていることが多いですね。

Citystate Savings Bank, Inc.(CSB)

INCORPORATION DATE:
May 20, 1997

CORPORATE PROFILE:
Citystate Savings Bank was incorporated in 1997 and was granted a license to operate asa thrift bank in the same year. The company was also authorized by the Bangko Sentral ngPilipinas to engage in quasi-banking and foreign currency deposit unit and trust functionsin 2004 and 2006, respectively.The company’s shares were listed in the Philippine Stock Exchange through an initial publicoffering in 2002.

引用元:BPI Trade

会社設立日:
1997年5月20日


会社概要:
Citystate Savings Bankは1997年に設立され、同年にリサイクル銀行として事業を行う許可を得ました。 同社はまた、Bangko Sentral ngPilipinasによって、それぞれ2004年および2006年に準銀行業務および外貨預金部門ならびに信託機能に従事することを承認された。同社の株式は、2002年の最初の公開を通じてフィリピン証券取引所に上場された。

Google翻訳

2013年以降は株価低迷していますね。

East West Banking Corporation(EW)

INCORPORATION DATE:
Mar 22, 1994

CORPORATE PROFILE:
East West Banking, also known as EastWest Bank, commenced operations as acommercial bank in 1994. It was authorized by the Bangko Sentral ng Pilipinas to operateas a universal bank in 2012, the same year its shares debuted in the Philippine StockExchange.

引用元:BPI Trade

会社設立日:
1994年3月22日


会社概要:
EastWest Bankとしても知られるEast West Bankingは、1994年に商業銀行として業務を開始しました。2012年に、その株式がフィリピンStockExchangeでデビューしたのと同じように、Bangko Sentral ng Pilipinasによってユニバーサルバンクとして業務を行うことが承認されました。

Google翻訳

フィリピン財閥のゴディアヌングループ傘下の銀行です。

Export and Industry Bank, Inc.(EIBA)

INCORPORATION DATE:
July 8, 1980

CORPORATE PROFILE:
Export and Industry Bank traces its origins to Urban Development Bank, which wasincorporated in 1980 as a domestic private development bank. It was later renamed asUrban Bank, Inc. (UBI) in 1990 after it upgraded its banking license from a thrift bank to acommercial bank.UBI’s shares were listed in the Philippine Stock Exchange in 1987. Its trading, however, wassuspended in 2001 after it declared a bank holiday and was closed by the Bangko Sentralng Pilipinas in the same year.In 2002, a merger was consummated between UBI , Urbancorp Investments, Inc., andExport and Industry Bank, Inc. UBI, as the surviving entity, adopted the latter’s corporatename and resumed operations as a commercial bank.In 2006, the company amended its Articles of Incorporation to reflect the reclassification ofits common shares into common “A” and common “B” shares. The common “B” shareswere also listed in the stock exchange in 2008.

引用元:BPI Trade

会社設立日:
1980年7月8日


会社概要:
輸出産業銀行は、1980年に国内の民間開発銀行として設立された都市開発銀行にその起源をたどります。 その後、1990年にアーバンバンク社(UBI)に改名され、1987年にフィリピンの証券取引所に上場されました。しかし、その後、2001年に売却されました。 銀行の休日を宣言し、同年にBangko Sentralng Pilipinasによって閉鎖されました。2002年に、合併はUBI、Urbancorp Investments、Inc。とIndustry Bank、Inc。の間で成立し、後者を採用しました 2006年に、当社はその定款を普通の「A」および普通の「B」株式に再分類することを反映するように定款を修正しました。 普通の “B”株も2008年に証券取引所に上場されました。

Ferronoux Holdings, Inc.(FERRO)

INCORPORATION DATE:
July 5, 1988

CORPORATE PROFILE:
Ferronoux Holdings was established as AG Finance Incorporated in 2001 primarily tooperate as a financing company and provide short-term, unsecured credit facilities topermanent rank-and-file employees of medium-sized companies in the Philippines. Thecompany ceased its lending activities in 2015 following the acquisition by RYM BusinessManagement Corporation of a 70-percent stake in the company.The company changed its corporate name to its present form in 2018, in line with thechange in its primary purpose to that of a holding company.

引用元:BPI Trade

会社設立日:
1988年7月5日


会社概要:
Ferronoux Holdingsは、2001年にAG Finance Incorporatedとして設立されました。これは、主に金融会社として活動し、フィリピンの中堅企業の正社員に短期の無担保信用枠を提供するためです。 RYM BusinessManagement Corporationが70%の株式を取得した後、2015年に貸付業務を中止しました。2018年、同社はその主な目的の変更に伴い、社名を現在の形式に変更しました。 会社。

Google翻訳

休眠会社のようです。

Filipino Fund, Inc.(FFI)

INCORPORATION DATE:
May 09, 1991

CORPORATE PROFILE:
Filipino Fund was incorporated in 1991 to engage in the business of a closed-endinvestment company. In 1995, it was registered with the Securities and ExchangeCommission under the Investment Company Act of 1960 and the Revised Securities Act.Its shares were also listed in the Philippine Stock Exchange in the same year.In 2003, the Securities and Exchange Commission approved the company’s reorganizationplan, which provided its shareholders with a liquidity vehicle to cash in on their investment.The new Fund began trading on March 31, 2004.

引用元:BPI Trade

会社設立日:
1991年5月9日
  会社概要:
フィリピン基金は、クローズドエンド型投資会社の事業に従事するために1991年に設立されました。 1995年には、1960年の投資会社法および改正証券法に基づき証券取引委員会に登録されました。同年、フィリピン証券取引所にも上場されました。2003年には、証券取引委員会が同社を承認しました。 再編成計画。これにより、株主の皆様への投資資金を調達するための流動性媒体が提供されました。新しいファンドは2004年3月31日に取引を開始しました。

2014年~2018年にかけて売上高がないことから、休眠会社と判断しています。

First Abacus Financial Holdings Corporation(FAF)

INCORPORATION DATE:
February 15, 1994

CORPORATE PROFILE:
First Abacus Financial Holdings was incorporated as Seven Seas Oil Exploration Inc. in1994 to engage in the business of oil exploration and development. Its shares were listed inthe Philippine Stock Exchange in the same year.A structural reorganization in 1996 resulted in the change of the company’s corporate nameto its present form as it made the transition to a financial holding firm.

引用元:BPI Trade

会社設立日:
1994年2月15日


会社概要:
First Abacus Financial Holdingsは、石油探査と開発の事業に従事するために1994年にSeven Seas Oil Exploration Inc.として設立されました。 同年、フィリピン証券取引所に株式が上場されました。1996年の組織再編により、金融持株会社への移行に伴い、現在の会社名に変更されました。

Google翻訳

I-Remit, Inc(I)

INCORPORATION DATE:
March 5, 2001

CORPORATE PROFILE:
I-Remit was incorporated in 2001 to engage in the business of servicing the remittanceneeds of overseas Filipino workers and other migrant workers. It commenced commercialoperations in the same year, and listed its shares in the Philippine Stock Exchange in 2007through an initial public offering.

会社設立日:
2001年3月5日


会社概要:
I-Remitは、海外のフィリピン人労働者やその他の移住労働者の送金サービスを提供する事業に従事するために2001年に設立されました。 同年に商業運営を開始し、新規株式公開を通じて2007年にフィリピン証券取引所に株式を上場しました。

海外で働くOverseas Filipino Workers が自国フィリピンに送金するためのサービスを提供している会社。

MEDCO Holdings, Inc.(MED)


INCORPORATION DATE:
October 23, 1969

CORPORATE PROFILE:
Medco Holdings was incorporated as Mindanao Exploration & Development Corporation in1969 to engage in mineral exploration and development. Its shares were listed in thePhilippine Stock Exchange in 1975.The company went through a major corporate shift with the entry of the Lippo Group,through Citivest Asia Limited, in 1995. The company was renamed as to its present formand changed its primary purpose to that of a holding company. It also sold all its rights,titles, and interests in its mining lease contracts and operating agreements.In 2018, the company became a subsidiary of Bonham Strand Investments Ltd. after thelatter acquired a 69.67-percent stake of its capital stock.

引用元:BPI Trade

会社設立日:
1969年10月23日

会社概要:
Medco Holdingsは、鉱物の探査と開発に従事するために1969年にMindanao Exploration&Development Corporationとして設立されました。 その株式は1975年にフィリピン証券取引所に上場されました。同社は1995年にリッポ・グループの参入により、Citivest Asia Limitedを介して大きな企業シフトを遂げました。 持ち株会社 同社はまた、マイニングリース契約およびオペレーティング契約におけるすべての権利、権原、および持分を売却した。2018年、同社は、その株式の69.67%の株式を取得した後、Bonham Strand Investments Ltd.の子会社となった。

元の本業を停止しているようなので、2013年~2017年の売上高の記録がありません。休眠状態と判定しています。

Manulife Financial Corporation(MFC)

Manulife Philippines is a leading life insurance provider in the Philippines, established in 1907. We are a subsidiary of Manulife Financial Corporation, one of the world’s biggest financial services companies, based in Canada. Our story started in 1901 when the first Manulife life insurance policy was sold in the Philippines. From then on, Manulife has quickly become one of the top insurance companies in the Philippines. We have steadily worked towards our vision to be the most professional financial services organization in the world by providing forward-thinking solutions for our clients’ most significant financial decisions.

引用元: https://www.manulife.com.ph/

Manulife Philippinesは、1907年に設立されたフィリピンの大手生命保険プロバイダです。当社は、カナダを拠点とする世界最大の金融サービス会社の1つであるManulife Financial Corporationの子会社です。 私たちの物語は、最初のマニュライフ生命保険証券がフィリピンで売却された1901年に始まりました。 それ以来、マニュライフはすぐにフィリピンでトップの保険会社の1つになりました。 私達は着実に私達の顧客の最も重要な財政上の決定のために前向きな解決策を提供することによって世界で最もプロフェッショナルな金融サービス組織であるという我々のビジョンに向かって取り組んできました。

金融セクターでいちばん売り上げ規模の大きい大手生命保険会社です。カナダ系大手金融サービスの子会社です。

Metropolitan Bank & Trust Company(MBT)

Metropolitan Bank & Trust Company (MBT) was incorporated on April 6, 1962 by a group of Filipino businessmen principally to provide financial services to the Filipino-Chinese community. MBT eventually diversified its business to provide a range of banking and collateral services to all sectors of the Philippine economy. MBT opened its first office in Binondo, Manila on September 5, 1962. On August 21, 1981, MBT was granted a universal banking license by the Bangko Sentral ng Pilipinas.

MBT’s principal business activities involve deposit-taking and lending; trade finance; remittance; treasury; trust; and private banking. The Company is a participant in the foreign exchange market, and is accredited by the Securities and Exchange Commission as a government securities eligible dealer/broker. 

MBT’s significant subsidiaries include First Metro Investment Corporation; Philippine Savings Bank; Metrobank Card Corporation; and ORIX METRO Leasing and Finance Corporation. 

As of December 31, 2017, on a consolidated basis, MBT had over 950 domestic branches and over 2,300 automated teller machines. MBT’s international presence includes over 30 branches, subsidiaries and offices, over 130 remittance tie-ups and over 180 remittance agents.

引用元: http://edge.pse.com.ph/companyInformation/form.do?cmpy_id=128

Metropolitan Bank&Trust Company(MBT)は、1962年4月6日にフィリピン人のビジネスマンのグループによって主にフィリピン人 – 中国人コミュニティに金融サービスを提供するために設立されました。 MBTは結局、フィリピン経済のすべての部門に一連の銀行業務および担保サービスを提供するために事業を多様化しました。 MBTは1962年9月5日にマニラのBinondoに最初のオフィスを開設しました。1981年8月21日、MBTはBangko Sentral ng Pilipinasによってユニバーサルバンキングのライセンスを取得しました。
MBTの主な事業活動は、預金および貸付です。貿易金融送金;財務省信頼;プライベートバンキング。当社は外国為替市場に参加しており、証券取引委員会により政府証券適格のディーラー/ブローカーとして認定されています。
MBTの重要な子会社には、First Metro Investment Corporationがあります。フィリピン貯蓄銀行。メトロバンクカード株式会社およびオリックスメトロリースアンドファイナンスコーポレーション。
2017年12月31日現在、連結ベースで、MBTは950以上の国内支店と2,300以上の現金自動預け払い機を持っていました。 MBTの国際的なプレゼンスには、30を超える支店、子会社、オフィス、130を超える送金提携、および180を超える送金代理店が含まれます。

Google翻訳

ジョージティー氏率いる財閥GTグループの企業で、フィリピン第2位の銀行です。

National Reinsurance Corporation of the Philippines(NRCP)

National Reinsurance Corporation of the Philippines (NRCP) was incorporated on June 7, 1978 as a professional reinsurance corporation providing life and non-life reinsurance to the Philippines and neighboring insurance markets. In 2006, it merged with Universal Malayan Reinsurance Corporation with the Company as the surviving entity. In 2007, the Company received approval from the Securities and Exchange Commission (SEC) to do business under the names and styles of “Philippine National Reinsurance Company” or “PhilNaRe”. The Company is currently obtaining SEC approval to do business under the name “Nat Re”.

NRCP provides its clients – insurance companies at home and overseas – with life and non-life reinsurance capacity under both treaty and facultative arrangements; and consultancy, technical, and advisory services in relation to the (re)insurance business. NRCP also stimulates know-how transfer in the industry by helping build its clients’ capabilities in underwriting, product development, pricing, retention setting, and reinsurance program analysis, and sharing with them its knowledge of emerging markets, particularly of the Philippine insurance market, and global best practices in reinsurance.

Source: The Company (2018)

引用元: http://edge.pse.com.ph/companyInformation/form.do?cmpy_id=606

フィリピン国民再保険公社(NRCP)は、1978年6月7日に、フィリピンおよび近隣の保険市場に生命および非生命再保険を提供する専門の再保険公社として設立されました。 2006年には、同社を存続会社として、Universal Malayan Reinsurance Corporationと合併しました。 2007年、当社は、証券取引委員会(SEC)から「フィリピン国民再保険会社」または「PhilNaRe」の名称およびスタイルの下で事業を行うことの承認を受けた。当社は現在、「Nat Re」の名称で事業を行うためのSEC承認を取得しています。
NRCPは、国内外の保険会社の顧客に、条約上の協定と条件付き協定の両方の下で、生命および非生命の再保険能力を提供しています。 (再)保険事業に関連するコンサルティング、技術、およびアドバイザリーサービス。 NRCPはまた、引受け、商品開発、価格設定、保有期間の設定、および再保険プログラム分析における顧客の能力の構築を支援し、新興市場、特にフィリピンの保険市場に関する知識を共有することで、業界におけるノウハウの移転を促進します。そして再保険における世界的なベストプラクティス。
出典:同社(2018年)

Google翻訳

NextGenesis Corporation(NXGEN)

NextGenesis Corporation (NXGEN), formerly AsiaTrust Development Bank, Inc. (ASIA), was incorporated on October 5, 1960 as a private development bank under the name of Quezon City Development Bank, through the support of the Development Bank of the Philippines by way of counterpart equity investments and loan rediscounting facilities. 

On June 15, 2012, the banking assets and liabilities of ASIA were assumed by Asia United Bank, excluding the trust business. Since then, the Company exists as a non-bank shell company to liquidate the trust businesses under the supervision of Bangko Sentral ng Pilipinas, which liquidation was completed on May 14, 2014.

On December 29, 2015, the Securities and Exchange Commission (SEC) approved the Company’s change in corporate name to the present one as well as the change in primary purpose into an investment holding company. 

Source: SEC Form 17-A (2017)

引用元: http://edge.pse.com.ph/companyInformation/form.do?cmpy_id=179

ネクストジェネシスコーポレーション(NXGEN)、元アジアトラストデベロップメントバンクインク(ASIA)は、1960年10月5日にフィリピン開発銀行の支援を受けてケソンシティ開発銀行の名前で民間開発銀行として設立された 相手方の株式投資および貸付金の再割引枠の設定。
2012年6月15日、ASIAの銀行資産および負債は、信託業務を除き、アジアユナイテッド銀行が引き受けた。 それ以来、当社は、Bangko Sentral ng Pilipinasの監督下で信託事業を清算するためのノンバンクのシェル会社として存在しており、清算は2014年5月14日に完了した。
2015年12月29日、証券取引委員会(SEC)は、当社の現在の社名への変更および投資持株会社への主たる目的の変更を承認しました。
出典:SECフォーム17-A(2017)

Google翻訳

Philippine Bank of Communications(PBC)

Philippine Bank of Communications (PBC) was incorporated on August 23, 1939 and received the authority to engage in commercial banking from the then Bureau of Banking of the Department of Finance under the Philippine Commonwealth. PBC’s operations were temporarily interrupted during World War II, but were immediately reconstituted in 1945 through the infusion of fresh funds. PBC acquired a license to operate as an expanded commercial bank from the Bangko Sentral ng Pilipinas (BSP) on December 24, 1993, and on March 31, 2000, the BSP’s Monetary Board approved the amendment of PBC’s license to a regular commercial banking license.

PBC offers basic commercial banking services such as deposit products, treasury and foreign exchange trading, trade-related services, cash management services, credit and loan facilities, trust and investment management services. Ancillary services such as safety deposit boxes and manager’s checks, demand drafts, acceptance of tax and SSS payments are also available. These products are both offered on a retail basis to individuals and to corporate clients as well.

PBC’s liability and ancillary products and services are distributed primarily through its 85 branches. These branches are supported by a network of 144 automated teller machines including in 60 off-site locations. 

As of December 31, 2017, PBC’s subsidiaries are Banco Dipolog, Inc.; Rural Bank of Nagcarlan, Inc.; and PBCom Insurance Services Agency, Inc. The Company also owns 40% of PBCom Finance Corporation.

Source: SEC Form 17-A (2017)

引用元:PSE Edge

フィリピン通信銀行(PBC)は1939年8月23日に設立され、フィリピン連邦の下で当時の財務省銀行局から商業銀行業務に従事する権限を受けました。 PBCの活動は第二次世界大戦中に一時的に中断されましたが、1945年に新たな資金の注入により直ちに再構成されました。 1993年12月24日にPBCは、Bangko Sentral ng Pilipinas(BSP)から拡張商業銀行として事業を行うためのライセンスを取得し、2000年3月31日に、BSPの金融委員会は、通常の商業銀行ライセンスに対するPBCのライセンスの修正を承認した。
PBCは、預金商品、財務/外国為替取引、貿易関連サービス、現金管理サービス、信用および融資機能、信託および投資管理サービスなどの基本的な商業銀行サービスを提供しています。セーフティボックスや管理人の小切手、下書き、税金の受入、SSSの支払いなどの補助的なサービスも利用できます。これらの製品は、個人向けにも法人顧客にも小売ベースで提供されています。
PBCの責任ならびに付随的な製品およびサービスは、主に85の支店を通じて配布されています。これらの支店は、60のオフサイトロケーションを含む144の現金自動預け払い機のネットワークによってサポートされています。
2017年12月31日現在、PBCの子会社はBanco Dipolog、Inc。です。 Nagcarlanの農村銀行、Inc。当社はまた、PBCom Finance Corporationの40%を所有しています。
出典:SECフォーム17-A(2017)

Philippine Business Bank(PBB)

Philippine Business Bank (PBB) was incorporated as Total Savings Bank on January 28, 1997 to engage in the business of thrift banking. On December 16, 1997, the Securities and Exchange Commission approved the change in its corporate name to the present one. PBB was authorized to engage in foreign currency deposit operations on August 27, 1997 and in trust operations on November 13, 2003. 

PBB provides banking services and products including cash management, retail and corporate lending, deposit products, international trade finance, and treasury and trust products. PBB became the first savings bank to obtain the approval of the Bangko Sentral ng Pilipinas (BSP) to issue foreign letters of credit and pay/accept/negotiate import/export drafts/bills of exchange under RA Nos. 8791 and 7906 of the Manual of Regulations for Banks. As of March 31, 2018, the Company has a network of 142 branches.

PBB entered into three purchase agreements in 2014 and 2015 where it acquired all assets and assumed all obligations of: 1) Rural Bank of Kawit, where the Company increased its branch network by two in the Cavite and Southern Luzon area; 2) Bataan Savings and Loan Bank, where the Company consolidated its existing three branches; and acquired all outstanding shares of 3) Insular Savings Bank, which is still pending approval from the BSP.

Source: The Company (2018)

引用元:PSE Edge

1997年1月28日に、フィリピン銀行(PBB)は、貯蓄銀行業務として従事するために、総貯蓄銀行として設立されました。 1997年12月16日に、証券取引委員会は現在の会社名への変更を承認しました。 PBBは、1997年8月27日に外貨預金業務に、2003年11月13日に信託業務に従事することを承認された。
PBBは、現金管理、個人向けおよび法人向け融資、預金商品、国際貿易金融、ならびに財務および信託商品を含む銀行サービスおよび商品を提供しています。 PBBは、Banko Sentral ng Pilipinas(BSP)の承認を得て、海外信用状を発行し、輸出入手形のRA第8791号および第7906号の下で輸入/輸出草案/手形を支払う/受け入れる/交渉する。銀行の規制2018年3月31日現在、当社は142の支店網を持っています。
PBBは、2014年および2015年に、すべての資産を取得し、以下のすべての債務を引き受ける3つの購入契約を締結した。1)カウィットの農村銀行。 2)当社が既存の3つの支店を統合したバターン貯蓄貸付銀行。 BSPからの承認待ちの3)Insular Savings Bankの発行済株式をすべて取得しました。
出典:同社(2018年)

Google翻訳

Philippine National Bank(PNB)

Philippine National Bank (PNB) was incorporated on July 22, 1916 to engage in the general commercial banking business. PNB provides a range of banking and financial services to corporate, middle-market, small and medium enterprises and retail customers, including overseas Filipino workers, as well as to the Philippine national government, national government agencies, local government units and government-owned and -controlled corporations in the Philippines. 

PNB’s principal commercial banking activities include deposit-taking, lending, trade financing, foreign exchange dealings, bills discounting, fund transfers/remittance servicing, asset management, treasury operations, comprehensive trust services, retail banking and other related financial services. 

As of December 31, 2017, PNB has more than 690 branches and 1,240 automated teller machines nationwide. PNB also maintains more than 70 overseas branches, representative offices, remittance centers and subsidiaries across Asia, Europe, the Middle East, and North America.

Source: The Company (2019)/SEC Form 17-A (2017)

フィリピン国立銀行(PNB)は1916年7月22日に一般商業銀行業務に従事するために設立されました。 PNBは、フィリピンの海外政府関係者、フィリピン政府、中央政府機関、地方自治体、および政府所有の企業を含む、企業、中堅企業、中小企業および個人顧客に、さまざまな銀行業務および金融サービスを提供しています。フィリピンの企業
PNBの主な商業銀行業務には、預金受入、貸付、貿易金融、外国為替取引、手形割引、口座振替/送金サービス、資産管理、財務業務、総合信託サービス、リテールバンキングおよびその他の関連金融サービスが含まれます。
2017年12月31日現在、PNBは全国に690以上の支店と1,240の現金自動預け払い機を持っています。 PNBはまた、アジア、ヨーロッパ、中東、および北米の70以上の海外支店、駐在員事務所、送金センターおよび子会社を管理しています。
出典:会社(2019)/ SECフォーム17-A(2017)

Google翻訳

ルシオ・タン氏率いる財閥グループ企業です。グループ内にはフィリピンナショナルフラッグであるフィリピン航空も保有しています。

Philippine Savings Bank(PSB)

Philippine Savings Bank (PSB) was incorporated on June 30, 1959 to primarily engage in savings and mortgage banking. In 1983, Metropolitan Bank and Trust Company acquired a majority share in PSB, and in 2004 further increased its shareholdings to the present level of 83%. In 1991, the Company was authorized to perform trust functions, and in 1995, was granted quasi-banking license. 

PSB’s operating segments are organized and managed separately according to the nature of services provided and the different markets served, with each segment representing strategic business unit that offers different products and serves different markets. These business segments are consumer banking, corporate banking, branch banking, and treasury. PSB caters mainly to the retail and consumer markets. 

The Bank has a 30% interest in Sumisho Motor Finance Corporation, a partnership with Sumitomo Corporation. 

As of December 31, 2017, PSB has 250 branches and 610 automated teller machines nationwide.

Source: SEC Form 17-A (2017)

フィリピン貯蓄銀行(PSB)は1959年6月30日に主に貯蓄および住宅ローンの銀行業務に従事するために設立されました。 1983年に、Metropolitan Bank and Trust CompanyはPSBの過半数の株式を取得し、2004年にはその持株数を現在の83%の水準までさらに増加させました。 1991年に、当社は信託機能の実行を承認され、1995年には準銀行業務のライセンスを取得しました。
PSBの事業セグメントは、提供されるサービスの性質および提供される市場の種類に応じて別々に編成および管理されています。各セグメントは、異なる製品を提供し、異なる市場に対応する戦略的事業単位を表します。これらの事業セグメントは、コンシューマーバンキング、コーポレートバンキング、ブランチバンキング、およびトレジャリーです。 PSBは主に小売市場および消費者市場に対応しています。
当行は、住友商事とのパートナーシップである住商モーターファイナンス株式会社に対して30%の持分を有しています。
2017年12月31日現在、PSBには全国に250の支店と610の現金自動預け払い機があります。
出典:SECフォーム17-A(2017)

Philippine Trust Company(PTC)

Philippine Trust Company (PTC), also known as Philtrust Bank, was incorporated on October 21, 1916. On June 5, 2007, the Bangko Sentral ng Pilipinas granted PTC the authority to operate as a universal bank.
The Company offers domestic, international and trust services. Domestic services include checking accounts, savings accounts, time deposits, money market placements, business loans, transfer of funds and collections, remittances, securities investments and safety deposit boxes. International transactions involve commercial letters of credit, collections and remittances, foreign exchange, traveler’s checks and FCDU transactions. Trust operations consist of trust placement, investment management, estate administration/trustee of bond issues, savings and pension plan administration, insurance trust, and acting as escrow agent and stock registrar and transfer agent.
As of December 31, 2017, PTC has a network of 60 branches, 39 of which are in Metro Manila, and 65 automated teller machines nationwide.
Source: SEC Form 17-A (2017)

Philtrust Bankとしても知られるPhilippine Trust Company(PTC)は、1916年10月21日に設立されました。2007年6月5日、Bangko Sentral ng Pilipinasは、PTCにユニバーサルバンクとして事業を行う権限を与えました。
当社は国内、国際および信託サービスを提供しています。国内サービスには、当座預金口座、普通預金口座、定期預金、マネーマーケットプレイスメント、事業ローン、資金および回収の送金、送金、証券投資およびセーフティボックスが含まれます。国際取引には、商業信用状、集金および送金、外国為替、トラベラーズチェック、ならびにFCDU取引が含まれます。信託業務は、信託募集、投資運用、債券発行の不動産管理/受託者、貯蓄年金制度の管理、保険信託、ならびにエスクロー代理人および株式登録機関および振替代理人としての役割を担っています。
2017年12月31日現在、PTCには60の支店があり、そのうち39がマニラ首都圏にあり、全国に65の現金自動預け払い機があります。
出典:SECフォーム17-A(2017)

Rizal Commercial Banking Corporation(RCB)

Rizal Commercial Banking Corporation (RCB) was originally incorporated on September 23, 1960 under the name Rizal Development Bank and began operations as a private development bank in the province of Rizal. The Company was acquired in 1962 by members of the Yuchengco Group of Companies, a financial services conglomerate with market presence in insurance and other risk management services. In 1963, RCB received approval from the Bangko Sentral ng Pilipinas to operate as a commercial bank and began operations under its present name. RCB acquired its universal banking license in 1989.

RCB offers commercial, corporate and consumer lending products, cash management products, treasury products, and remittance services. RCB also enters into forward currency contracts as an accommodation to its clients and as a means of managing its foreign exchange exposures. RCB and its subsidiaries are engaged in all aspects of traditional banking, investment banking, retail financing (auto, mortgage/housing loans, credit cards and microfinance loans), remittance, leasing, foreign exchange and stock brokering.

The Company’s subsidiaries include RCBC Capital Corporation; RCBC Savings Bank, Inc.; RCBC Forex Brokers Corporation; RCBC International Finance Limited; RCBC North America, Inc.; RCBC TeleMoney Europe S.p.a.; Merchants Savings and Loan Association, Inc.; RCBC Leasing and Finance Corporation; Niyog Property Holdings, Inc.; and RCBC-JPL Holding Company, Inc.

As of December 31, 2017, RCB has 508 business centers, inclusive of 35 extension offices and supplemented by 1,562 automated teller machines. 

Source: SEC Form 17-A (2017)

Rizal Commercial Banking Corporation(RCB)は、もともと1960年9月23日にRizal Development Bankの名で設立され、Rizal州で民間開発銀行として事業を開始しました。当社は、保険およびその他のリスク管理サービスにおける市場での存在感を示す金融サービスであるYuchengco Group of Companiesのメンバーによって1962年に買収されました。 1963年、RCBはBangko Sentral ng Pilipinasから商業銀行として事業を行うことを承認され、現在の名前で事業を開始しました。 RCBは1989年にユニバーサルバンキングのライセンスを取得しました。
RCBは、コマーシャル、コーポレートおよびコンシューマー向け貸付商品、現金管理商品、国債商品、送金サービスを提供しています。 RCBはまた、顧客への配慮としておよびその為替エクスポージャーを管理する手段として、先渡為替契約を締結している。 RCBとその子会社は、伝統的な銀行業務、投資銀行業務、リテールファイナンス(自動車、住宅ローン/住宅ローン、クレジットカードおよびマイクロファイナンスローン)、送金、リース、外国為替および株式仲介のあらゆる側面に従事している。
当社の子会社はRCBCキャピタルコーポレーションを含む。 RCBC貯蓄銀行株式会社RCBCフォレックスブローカーズコーポレーション。 RCBCインターナショナルファイナンスリミテッド。 ; RCBCノースアメリカ社。 ; RCBC TeleMony Europe S.p.a。商人貯蓄貸付協会、Inc。 RCBCリースファイナンスコーポレーション。ニヨグプロパティホールディングスRCBC-JPLホールディングカンパニー株式会社
2017年12月31日現在、RCBには35の内線オフィスを含む508のビジネスセンターがあり、1,562の現金自動預け払い機が追加されています。
出典:SECフォーム17-A(2017)

Security Bank Corporation(SECB)

Security Bank Corporation (SECB) was incorporated on May 8, 1951 and started its operations as a commercial bank on June 18, 1951. In 1994, SECB was approved by the Bangko Sentral ng Pilipinas to operate as a universal bank. SECB’s businesses include wholesale banking, financial markets and retail banking. The Company provides commercial banking services such as deposit products, loans and trade finance, domestic and foreign fund transfers, treasury, foreign exchange and trust services. 

The Company’s subsidiaries include SB Finance Company, Inc. (formerly Security Bank Savings Corporation); SB Capital Investment Corporation; SB Rental Corporation; SB Equities, Inc.; SB Cards Corporation; SBM Leasing, Inc.; SB Forex, Incorporated; and Landlink Property Investments.

As of December 31, 2017, SECB has a network of 302 on-line branches, 173 branches of which are located in Metro Manila and 129 situated outside Metro Manila. SECB also has 713 automated teller machines.

Source: The Company (2018)

Security Bank Corporation(SECB)は1951年5月8日に設立され、1951年6月18日に商業銀行としての業務を開始しました。 SECBの事業には、ホールセールバンキング、金融市場およびリテールバンキングが含まれます。当社は、預金商品、ローンおよび貿易金融、国内外の資金振替、財務、外国為替および信託サービスなどの商業銀行サービスを提供している。
当社の子会社には、SB Finance Company、Inc.(旧Security Bank Savings Corporation)が含まれています。 SBキャピタル投資法人SBレンタル株式会社SBエクイティーズSBカード株式会社。 SBMリース株式会社SB Forex、Incorporated;ランドリンク不動産投資。
2017年12月31日現在、SECBは302のオンライン支店のネットワークを持ち、そのうち173の支店はマニラ首都圏にあり、129の支店はマニラ首都圏の外にあります。 SECBには713の現金自動預け払い機もあります。
出典:同社(2018年)

Sun Life Financial Inc.(SLF)

Sun Life Financial, Inc. (SLF) is a publicly traded company domiciled in Canada and is the holding company of Sun Life Assurance Company of Canada. SLF was incorporated in Canada on August 5, 1999. SLF is traded on the Toronto (TSX), New York (NYSE), and the Philippine (PSE) stock exchanges.

The Company manages its operations through five business segments, namely SLF Canada, SLF US, SLF Asset Management, SLF Asia, and Corporate. Along with it subsidiaries, SLF and provides savings, retirement, and pension products, and life and health insurance to individuals and groups through its operations in Canada, the US, the United Kingdom, and Asia. The SLF Group also operates mutual fund and investment management businesses primarily in Canada, the US and Asia. 

SLF has operations in a number of markets worldwide, including Canada, the US, the United Kingdom, Ireland, Hong Kong, Philippines, Japan, Indonesia, India, China, Australia, Singapore, Vietnam, Malaysia and Bermuda. 

SLF’s operations in the Philippines, established in 1895, distribute a range of protection and savings products largely through career agency sales force and bancassurance channel. SLF offers individual and group life and health insurance products to individuals and businesses through a wholly-owned subsidiary, Sun Life of Canada (Philippines), Inc., and through a joint venture with the Yuchengco Group, Sun Life Grepa Financial, Inc., in which the Company has a 49% ownership stake. The Company also offers mutual funds through another wholly-owned subsidiary, Sun Life Asset Management Company.

Source: SEC Form 17-A (2017)

Sun Life Financial、Inc.(SLF)は、カナダに本拠を置く上場企業であり、カナダのSun Life Assurance Companyの持株会社です。 SLFは、1999年8月5日にカナダで設立されました。SLFは、トロント(TSX)、ニューヨーク(NYSE)、およびフィリピン(PSE)の証券取引所で取引されています。
当社は、SLF Canada、SLF US、SLF Asset Management、SLF Asia、Corporateの5つの事業セグメントを通じて事業を管理しています。それとともに、SLFは、カナダ、アメリカ、イギリス、そしてアジアでの事業を通じて、SLFと個人および団体に、貯蓄、退職年金および年金商品、ならびに生命および健康保険を提供しています。 SLFグループはまた、主にカナダ、米国およびアジアで投資信託および投資運用業務を運営している。
SLFは、カナダ、米国、イギリス、アイルランド、香港、フィリピン、日本、インドネシア、インド、中国、オーストラリア、シンガポール、ベトナム、マレーシア、バミューダなど、世界各地で事業を展開しています。
1895年に設立されたフィリピンでのSLFの事業は、主にキャリアエージェンシーセールスフォースとバンカシュアランスチャネルを通じて、幅広い保護と貯蓄商品を販売しています。 SLFは、完全子会社であるSun Life of Canada(フィリピン)、Inc。と、Yuchengco Group、Sun Life Grepa Financial、Inc.との合弁事業を通じて、個人および企業に個人および団体の生命保険および健康保険商品を提供しています。当社が49%の所有持分を保有している。当社はまた、別の完全子会社であるSun Life Asset Management Companyを通じて投資信託を提供しています。
出典:SECフォーム17-A(2017)

The Philippine Stock Exchange, Inc.(PSE)

The Philippine Stock Exchange, Inc. (PSE) was incorporated on July 14, 1992 as a non-stock corporation with the primary objective of providing and maintaining a convenient and suitable market for the exchange, purchase and sale of all types of securities and other instruments. The Company eventually became a stock corporation on August 3, 2001.

On December 15, 2003, pursuant to the demutualization mandate of Republic Act No. 8799 or the Securities Regulation Code, PSE’s capital stock was listed by way of introduction. The following year, PSE sold 6,077,505 shares from its unissued stock to five strategic investors by way of private placement. These strategic investors were the PLDT Beneficial Trust Fund, SMC Retirement Fund, Government Service Insurance System, Kim Eng Investment Ltd., and KE Strategic Pte. Ltd.

The PSE has two wholly-owned subsidiaries, the Securities Clearing Corporation of the Philippines, which was primarily organized as a clearing, and settlement agency for; and the Capital Markets Integrity Corporation, which functions as the PSE’s independent audit, surveillance and compliance unit over the trading activities of brokers.

The Company likewise owns 20.98% of the Philippine Dealing System Holdings Corporation, the holding company of the country’s fixed income exchange operator.

Source: SEC Form 17-A (2017)

フィリピン証券取引所(PSE)は1992年7月14日に非証券会社として設立されました。その目的は、あらゆる種類の証券およびその他の証券の交換、購入および売却のための便利で適切な市場を提供および維持することです。楽器。当社は2001年8月3日に最終的に株式会社となりました。
2003年12月15日、共和国法第8799号または証券規制法の非正規化命令に従って、PSEの資本ストックが紹介の目的で上場されました。翌年、PSEは未発行株式から6,077,505株を私募により5人の戦略的投資家に売却しました。これらの戦略的投資家は、PLDT受益信託基金、SMC退職基金、政府サービス保険システム、Kim Eng Investment Ltd.、およびKE Strategic Pteです。株式会社
PSEは、2つの完全子会社、フィリピンの証券クリアリング・コーポレーション(主に清算機関として組織されていた)とその決済機関を持っています。また、キャピタルマーケットインテグリティコーポレーションは、ブローカーのトレーディング業務に関するPSEの独立した監査、監視およびコンプライアンス部門として機能します。
同社は同様に、フィリピンの債券交換事業者の持株会社であるPhilippine Dealing System Holdings Corporationの20.98%を所有しています。
出典:SECフォーム17-A(2017)

Union Bank of the Philippines(UBP)

Union Bank of the Philippines (UBP) was incorporated on August 16, 1968 originally known as Union Savings and Mortgage Bank and operates as a universal bank through its universal banking license acquired in July 1992. The Company has undertaken two bank mergers, first with International Corporate Bank in 1994 and then with International Exchange Bank in 2006. 

UBP offers a broad range of products and services, which include deposit and related services; corporate and middle market lending; consumer finance loans such as mortgage, auto loans and credit card; investment, treasury and capital market; trust and fund management; remittance; cash management and electronic banking; and bancassurance.

On January 27, 2017, UBP and its subsidiary City Savings Bank, Inc. (CSBI) entered into a bancassurance partnership with Insular Life Assurance Company, Ltd.

Apart from CSBI, UBP’s other active subsidiaries include Union Properties, Inc.; First Union Direct Corporation; First Union Plans, Inc.; First Union Insurance and Financial Agencies, Inc.; and First Agro-Industrial Rural Bank, Inc.

As of March 31, 2018, UBP has 316 branches and 338 automated teller machines nationwide.

Source: The Company (2018)

1968年8月16日、元々Union Savings and Mortgage Bankとして知られていたユニオンバンクオブフィリピン(UBP)は、1992年7月に取得したユニバーサルバンキングライセンスを通じてユニバーサルバンクとして運営されています。 1994年にコーポレート銀行、そして2006年に国際取引銀行と。
UBPは、預金および関連サービスを含む幅広い製品およびサービスを提供しています。コーポレートおよびミドルマーケット向け融資。住宅ローン、自動車ローン、クレジットカードなどの消費者金融ローン。投資、財務および資本市場信託および資金管理送金;現金管理と電子バンキング。そしてバンカシュアランス。
2017年1月27日に、UBPとその子会社City Savings Bank、Inc.(CSBI)は、Insular Life Assurance Company、Ltd.とバンカシュアランスパートナーシップを締結しました。
CSBIとは別に、UBPのその他の活動的子会社にはUnion Properties、Incが含まれます。ファーストユニオンダイレクトコーポレーション。ファーストユニオンプランズ株式会社ファーストユニオン保険と金融機関、Inc。と最初の農工業農村銀行株式会社
2018年3月31日現在、UBPには全国に316の支店と338の現金自動預け払い機があります。
出典:同社(2018年)

Vantage Equities, Inc(V)

Vantage Equities, Inc. (V), formerly iVantage Corporation, was incorporated on October 20, 1992 originally with the primary purpose of engaging in oil and gas exploration, and investments and developments as among its secondary purposes. On October 3, 2000, the Securities and Exchange Commission approved the Company’s change in name to iVantage Corporation, and the change in primary purpose to financial holdings and investments, including but not limited to information technology companies and related ventures. In 2008, the Company changed its corporate name back to the present one. 

Presently, V is engaged in the business to invest, to hold and to use for investment shares of capital stock, bonds, debentures, promissory notes, or other securities or obligations created, negotiated or issued by any corporation, association or other entities. V and its subsidiaries are organized into three major operating business segments, namely remittance services, internet services, and mutual fund management. 

V’s wholly-owned subsidiaries are e-Business Services, Inc.; eBiz Financial Services, Inc.; iCurrencies, Inc.; Philequity Balanced Fund, Inc.; and Philequity Foreign Currency Fixed Income Fund, Inc.; and Philequity MSCI Philippines Index Fund, Inc. V also owns 51% of Philequity Management, Inc.

Source: SEC Form 17-A (2017)

Vantage Equities、Inc.(V)、以前のiVantage Corporationは、もともと石油と天然ガスの探査に従事するという主な目的、およびその二次的な目的の中での投資と開発を目的として、1992年10月20日に設立されました。 2000年10月3日に、証券取引委員会は、iVantage Corporationへの社名変更、および情報技術会社および関連ベンチャーを含むがこれらに限定されない金融保有および投資への主な目的の変更を承認しました。 2008年、当社は社名を現在のものに変更しました。
現在、V社は、資本、債券、社債、約束手形、またはその他の有価証券、あるいは企業、協会、その他の団体が作成、交渉または発行したその他の証券の投資、保有および使用に使用しています。 Vとその子会社は、送金サービス、インターネットサービス、投資信託管理という3つの主要な事業セグメントに編成されている。
Vの完全所有子会社はe-Business Services、Inc。です。 eBizフィナンシャルサービスiCurrencies、Inc。 Philequity Balanced Fund、Inc。およびPhilequity外貨債券ファンド、Inc。また、Philequity MSCIフィリピン指数基金、Inc。VもPhilequity Management、Inc。の51%を所有しています。
出典:SECフォーム17-A(2017)

まとめ

ざっくり金融セクターの31銘柄をみてみました。

気になる銘柄みつかったでしょうか?

ボクは配当利回りが高く、数年前高値をつけたあと、元値にもどっているBDO Leasing(BLFI)あたりいいんじゃないか?とおもっています。

この記事がお役にたてればうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました