【TEDでスキマ時間に英語学習】3 ways to measure your adaptability — and how to improve it

Adaptability Learning

スキマ時間に英語が勉強したいなぁ

毎日忙しいけどちょっとしたスキマ時間に効率よく英語の勉強がしたい!というという方向けにこの記事では約6分24秒で観ることができるTED動画をご紹介します。

この記事を書いているボクはフィリピンで英語を使って仕事をしていますが、もっとペラペラになりたいと思っており、毎日スキマ時間に英語を勉強しています。

【TEDでスキマ時間に英語学習】3 ways to measure your adaptability — and how to improve it

今回の動画はシャドーイングをするにはすこし話すスピードが早いかもですが、がんばりましょう。

動画タイトル

3 ways to measure your adaptability — and how to improve it

引用元:TED

あなたの適応性を測定する3つの方法 – そしてそれをどう改善するか

Google翻訳

スピーカー

スピーカーの Natalie Fratto さんは、Venture Investor でスタートアップ企業に対する投資をされている方です。Twitter: https://twitter.com/nataliefratto

スクリプト翻訳

TEDに公開されている英語スクリプトを引用し、対訳はGoogle翻訳の結果です。

スピーカーの Natalie Fratto さん が投資先を判断するうえで、人が変化にどれだけうまく適応するか、適応性を重要と考えているそうです。

適応性があるかを見るには、「もしXXXだったらどうしますか?」という質問をしたり、まっさらな初心にもどれることであったり、過去の成功に縛られていないかを見るということです。

これらは創業者だけでなく、誰にとっても重要で、身に着けることができるものとスピーカーは言っています。

I met 273 start-up founders last year. And each one was looking for money. As a tech investor, my goal was to sort through everyone that I met and make a quick determination about which ones had the potential to make something really big.

引用元:TED

私は昨年273人の創業者に会いました。 そして、それぞれがお金を探していました。 ハイテク投資家としての私の目標は、出会ったすべての人を整理し、どれが本当に大きなものにする可能性があるのかを素早く判断することでした。

Google翻訳

But what makes a great founder? This is a question I ask myself daily. Some venture capitalists place bets based on a founder’s previous background. Did they go to an Ivy League school? Have they worked at a blue-chip company? Have they built out a big vision before? Effectively, how smart is this person?

しかし、何が素晴らしい創設者になりますか? これは私が毎日自問する質問です。 ベンチャーキャピタリストの中には、創設者の以前の経歴に基づいて賭けをする人もいます。 彼らはアイビーリーグの学校に行きましたか? 彼らは一流企業で働いたことがありますか? 彼らは以前に大きなビジョンを構築したことがありますか? 事実上、この人はどれほど賢いのでしょうか。

Other VCs asses a founder’s emotional quotient, or EQ. How well will this person build teams and build rapport across customers and clients?

他のVCは創設者の感情的な商、またはEQを評価します。 この人は、チームを構築し、顧客とクライアントの間で信頼関係を築くことができるでしょうか。

I have a different methodology to assess start-up founders, though, and it’s not complicated. I look for signs of one specific trait. Not IQ, not EQ. It’s adaptability: how well a person reacts to the inevitability of change, and lots of it. That’s the single most important determinant for me. I subscribe to the belief that adaptability itself is a form of intelligence, and our adaptability quotient, or AQ, is something that can be measured, tested and improved.

とはいえ、私は新興企業の評価方法を異にしていますが、それは複雑ではありません。 私は一つの特定の特徴の兆候を探します。 IQではなく、EQでもありません。 それは適応性です:人が変化の不可避性にどれだけうまく反応するか、そしてそれの多く。 それが私にとって最も重要な決定要因です。 私は、適応性自体が知能の一種であるという信念に同意します、そして、私たちの適応性指数(AQ)は測定され、テストされ、そして改善されることができるものです。

AQ isn’t just useful for start-up founders, however. I think it’s increasingly important for all of us. Because the world is speeding up. We know that the rate of technological change is accelerating, which is forcing our brains to react. Whether you’re navigating changing job conditions brought on by automation, shifting geopolitics in a more globalized world, or simply changing family dynamics and personal relationships. Each of us, as individuals, groups, corporations and even governments are being forced to grapple with more change than ever before in human history.

ただし、AQは新興企業の創設者だけに役立つわけではありません。 私たち全員にとってますます重要になると思います。 世界は加速しているからです。 技術の変化の速度が加速していることを私達は知っています、それは私達の頭脳が反応することを余儀なくさせています。 自動化によってもたらされる変化する雇用条件をナビゲートしているのか、よりグローバル化した世界で地政学を変えているのか、それとも単に家族のダイナミクスと個人的な関係を変えているのか。 私たち一人ひとりは、個人、グループ、企業、さらには政府でさえも、これまで以上に人類の歴史における変化に取り組むことを余儀なくされています。

So, how do we assess our adaptability? I use three tricks when meeting with founders. Here’s the first. Think back to your most recent job interview. What kind of questions were you asked? Probably some variation of, “Tell me about a time when,” right? Instead, to interview for adaptability, I like to ask “what if” questions. What if your main revenue stream were to dry up overnight? What if a heat wave prevented every single customer from being able to visit your store? Asking “what if,” instead of asking about the past, forces the brain to simulate. To picture multiple possible versions of the future. The strength of that vision, as well as how many distinct scenarios someone can conjure, tells me a lot.

それでは、私たちはどのように私たちの適応性を評価するのでしょうか? 創設者と会うとき、私は3つのトリックを使います。 これが最初です。 最近の就職の面接を思い出してください。 どのような質問がありましたか。 おそらく、「いつか教えてください」というバリエーションがあるのでしょうか。 代わりに、順応性のためにインタビューするために、私は “what if”の質問をするのが好きです。 あなたの主な収入の流れが一晩枯渇することだったらどうなりますか? 一人一人の顧客があなたの店を訪れることができないように熱波があったとしたら? 過去について尋ねるのではなく、「もしどうでしょう」と尋ねると、脳がシミュレートされます。 将来の複数の可能なバージョンを描くこと。 そのビジョンの強さ、そして誰かが想起することができるいくつかの異なるシナリオは、私に多くを伝えます。

Practicing simulations is a sort of safe testing ground for improving adaptability. Instead of testing how you take in and retain information, like an IQ test might, it tests how you manipulate information, given a constraint, in order to achieve a specific goal.

シミュレーションを実践することは、適応性を向上させるための一種の安全な試験場です。 IQテストのように情報の取り込み方法と保持方法をテストするのではなく、特定の目標を達成するために、制約がある場合に情報の操作方法をテストします。

The second trick that I use to assess adaptability in founders is to look for signs of unlearning. Active unlearners seek to challenge what they presume to already know, and instead, override that data with new information. Kind of like a computer running a disk cleanup. Take the example of Destin Sandlin, who programed his bicycle to turn left when he steered it right and vice versa. He called this his Backwards Brain Bike, and it took him nearly eight months just to learn how to ride it kind of, sort of normally. The fact that Destin was able to unlearn his regular bike in favor of a new one, though, signals something awesome about our adaptability. It’s not fixed. Instead, each of us has the capacity to improve it, through dedication and hard work.

私が創設者の順応性を評価するために私が使用する2番目のトリックは、未学習の兆候を探すことです。 積極的な学習者は、彼らがすでに知っていると思うことに挑戦し、その代わりにそのデータを新しい情報で上書きしようとします。 ディスククリーンアップを実行しているコンピュータのようなもの。 Destin Sandlinの例を見てください。彼は自転車を右に操縦すると自転車が左に曲がるようにプログラムし、逆も同様です。 彼はこれをバックワードブレインバイクと呼んでいましたが、乗る方法を学ぶためには8ヶ月近くかかりました。 デスティンが新しいものを支持して彼の定期的な自転車を学ぶことができたという事実は、しかし、私たちの適応性について素晴らしい何かを知らせます。 修正されていません。 その代わりに、私たち一人一人が献身と努力によってそれを改善する能力を持っています。

On the last page of Gandhi’s autobiography, he wrote, “I must reduce myself to zero.” At many points in his very full life, he was still seeking to return to a beginner’s mindset, to zero. To unlearn. In this way, I think it’s pretty safe to say Gandhi had a high AQ score.

ガンジーの自伝の最後のページで、彼は「私は自分をゼロにしなければならない」と書いた。 彼の非常に充実した人生の多くの点で、彼はまだゼロに、初心者の考え方に戻ることを求めていました。 学びます。 このように、ガンジーが高いAQスコアを持っていると言ってもかなり安全だと思います。

The third and final trick that I use to assess a founder’s adaptability is to look for people who infuse exploration into their life and their business. There’s a sort of natural tension between exploration and exploitation. And collectively, all of us tend to overvalue exploitation. Here’s what I mean. In the year 2000, a man finagled his way into a meeting with John Antioco, the CEO of Blockbuster, and proposed a partnership to manage Blockbuster’s fledgling online business. The CEO John laughed him out of the room, saying, “I have millions of existing customers and thousands of successful retail stores. I really need to focus on the money.”

私が創設者の適応性を評価するために私が使う3番目のそして最後のトリックは彼らの人生と彼らのビジネスに探査を注ぎ込む人々を探すことです。 探査と搾取の間にはある種の自然な緊張があります。 そして全体として、私たち全員が搾取を過大評価する傾向があります。 これが私の言っていることです。 2000年には、男性がBlockbusterのCEOであるJohn Antiocoとの出会いへの道を歩み始め、Blockbusterの駆け出しのオンラインビジネスを管理するためのパートナーシップを提案しました。 CEOのジョンは、「私は何百万もの既存の顧客と何千もの成功した小売店を持っています。私は本当にお金に集中する必要があります」と言って、部屋の外に笑った。

The other man in the meeting, however, turned out to be Reed Hastings, the CEO of Netflix. In 2018, Netflix brought in 15.8 billion dollars, while Blockbuster filed for bankruptcy in 2010, directly 10 years after that meeting. The Blockbuster CEO was too focused on exploiting his already successful business model, so much so that he couldn’t see around the next corner. In that way, his previous success became the enemy of his adaptability potential.

しかし、会議のもう一人の人物は、NetflixのCEOであるReed Hastingsです。 2018年、Netflixは158億ドルを投入したが、Blockbusterは、その会議の10年後の2010年に破産を申請した。 BlockbusterのCEOは、すでに成功しているビジネスモデルを悪用することにあまりにも集中していたため、次のコーナーを見渡すことはできませんでした。 そのようにして、彼の以前の成功は彼の適応能力の敵になりました。

For the founders that I work with, I frame exploration as a state of constant seeking. To never fall too far in love with your wins but rather continue to proactively seek out what might kill you next. When I first started exploring adaptability, the thing I found most exciting is that we can improve it. Each of us has the capacity to become more adaptable. But think of it like a muscle: it’s got to be exercised. And don’t get discouraged if it takes a while. Remember Destin Sandlin? It took him eight months just to learn how to ride a bike.

私が働いている創設者のために、私は探求を絶え間ない探求の状態として組み立てます。 あなたの勝利と恋に落ちることは決してなく、むしろあなたを次に殺害するかもしれないものを積極的に探し求め続けることです。 私が最初に適応性を探求し始めたとき、私が最もエキサイティングだと感じたのは、それを改善できるということです。 私たち一人一人がより適応的になる能力を持っています。 しかし、それを筋肉のように考えてください。それは行使されるべきです。 時間がかかってもがっかりしないでください。 デスティンサンドリンを覚えてる? 自転車の乗り方を学ぶのに8ヶ月かかりました。

Over time, using the tricks that I use on founders — asking “what if” questions, actively unlearning and prioritizing exploration over exploitation can put you in the driver’s seat — so that the next time something big changes, you’re already prepared.

私が創設者に使っているトリックを使って – 「もしも」の質問をしたり、積極的に学ばなかったり、探査よりも探査を優先したりすると、運転席に着くことができます。 。

We’re entering a future where IQ and EQ both matter way less than how fast you’re able to adapt. So I hope that these tools help you to raise your own AQ.
Thank you.

私たちは、IQとEQの両方が、あなたが適応できるスピードよりもずっと重要でない未来に突入しています。 だから私はこれらのツールがあなた自身のAQを上げるのに役立つことを願っています。
ありがとうございました。

ちょっと早口に感じましたか?もし早すぎて難しい場合は速度を落とすこともできるので、0.75倍くらいのスピードで聴いてみてください。

そうすると5分よりちょっと長くなってしまいますが、聞けるところだけ聞くでよいと思います。

以上TEDの新作からスキマ時間におすすめできる動画紹介でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました