フィリピン株の2018年上昇率トップ5銘柄のご紹介【テンバガーもあり】

Information

フィリピンが伸びていると聞いてフィリピン株に興味があります。

株価がどれくらい上がった銘柄があるのか知りたいです。


この記事はこういった興味のある方向けに2018年のフィリピン株上昇銘柄トップ5のご紹介をします。

この記事を書いているわたしはフィリピン在住で2018年にフィリピン証券会社に口座を開いて投資をはじめました。

いまのところフィリピン財閥大手のホールディングカンパニー Ayala Corporation(AC) を買ったまま放置している状態ですが、これからもっと投資を進めたいと思っています。

フィリピン株で2018年上昇銘柄トップ5はこの銘柄

Entrepreneur PHILIPPINESの記事を参考にしました。

記事によると、2018年はPSEiと言われるフィリピン株価指数を構成するような大企業の調子が悪く、上昇銘柄トップ5はリスクの高い中小株でした。

most of the stocks that have risen this year despite the poor market sentiment were the speculative and riskier, small and mid-cap stocks.


Entrepreneur PHILIPPINES の記事が削除されてしまったようですので、参照URLも削除しました

市況の低迷にもかかわらず今年上昇した株式の大部分は、投機的でリスクの高い中小株です。

Google翻訳

具体的に5銘柄を伸び率が高かった順にご紹介します。

Golden Bria Holdings 【HVN +1,377%】

HVN

「サービス」系に属する銘柄。

2018年の合併により不動産事業および葬儀全般を手掛ける企業となりました。

オーナーの Manuel Villar氏 はForbes 2019年フィリピン長者番付1位にランクされるビジネスオーナーであり、元上院議員でもあります。

Golden Bria Holdings (PSE: HVN), formerly known as Golden Haven, Inc., is majority owned by the Villar Group of Companies led by former Senator Manuel Villar.


The company used to develop, construct and operate columbarium facilities before it was converted into a real estate holding company this year via the share swap acquisition of Bria Homes worth Php3 billion.


HVN reported that its nine-month net income this year grew by 79 percent to Php915 million from Php510 million in the same period last year on the back of a 59-percent increase in revenues to Php3.9 billion.


HVN, which has a combined holdings of 750 hectares of property all over the country, is aiming to be the largest mass market housing and biggest integrated deathcare company.


https://www.entrepreneur.com.ph/news-and-events/financial-adviser-5-best-performing-stocks-in-2018-that-gained-up-to-1-377-in-one-year-a23-20190101-lfrm

以前はGolden Haven、Inc.として知られていたGolden Bria Holdings(PSE:HVN)は、元上院議員Manuel Villarが率いるVillar Group of Companiesによって大部分が所有されています。

同社は、Bria Homesの株式スワップ買収を通じて、今年は不動産持株会社に転換される前に、コロンバリウム施設の開発、建設、運営を行ってきました。

HVNによると、今年の9か月純利益は、前年同期の591億ペソから59億9,500万ペソへと、79%増加して39億ペソになりました。

全国に750ヘクタールの不動産を保有しているHVNは、最大の大衆市場住宅および最大の総合デスケア会社を目指しています。

Google翻訳

Greenergy Holdings, Inc 【GREEN +446%】

GREEN

GREEN は産業系の 「Electrical Components & Equipment 」に属する企業です。

2015年に取引停止命令がでていましたが2018年に解除された直後急騰したようです。

Greenergy Holdings, Inc. (PSE: GREEN) is in the business of renewable energy system, agriculture and real estate, information technology and waste management business.  


GREEN is the former MUSIC Semiconductors Corp, which is engaged in manufacturing and sale of specialty semiconductor products.
 
In 2010, the company was acquired by a group of investors led by businessman Antonio Tiu via backdoor listing.
 
The trading of GREEN shares was suspended by the Philippine Stock Exchange (PSE) in 2015 when its bank accounts, including those owned by its subsidiary, Sunchamp Real Estate Development became a subject of a freeze order issued by the Court of Appeals.
 
The order emanated from a case filed by the anti-money laundering council against then-Vice President Jejomar Binay.
 
But in November of this year, the PSE finally lifted the suspension on the stock after a Regional Trial Court cleared the company of any violations.
 
The stock rose by more than 500 percent from its last traded price at Php0.37 in 2015 to as high as Php2.40 per share when it resumed trading.
 
GREEN has since corrected and closed the year at Php1.99 per share. The company is expected to raise funds in the near future to build its investment portfolio.

https://www.entrepreneur.com.ph/news-and-events/financial-adviser-5-best-performing-stocks-in-2018-that-gained-up-to-1-377-in-one-year-a23-20190101-lfrm

GREENは、特殊半導体製品の製造と販売を行っている旧MUSIC Semiconductors Corpです。
 
2010年に、同社はビジネスマンAntonio Tiuがバックドアリスティングを介して率いる投資家グループによって買収されました。
 
GREEN株式の取引は、子会社であるSunchamp Real Estate Developmentが保有する銀行口座を含む銀行口座が控訴裁判所の凍結命令の対象となった2015年に、フィリピン証券取引所(PSE)によって一時停止されました。
 
この命令は、当時の副大統領であるJejomar Binayに対して反マネーロンダリング評議会が提起した訴訟から発せられた。
 
しかし、今年11月、PSEは、地方裁判所が違反を排除した後、ついに株式の一時停止を解除しました。
 
2015年の前回の取引価格である0.37ペソから、取引が再開された時点で1株当たり2.4ペソの高値まで、株価は500%以上上昇しました。
 
その後、GREENは1株あたり1.99ペソで訂正し、締め切りました。同社は近い将来投資ポートフォリオを構築するために資金を調達する予定です。

Google翻訳

ISM Communications Corp 【ISM +339%】

ISMはサービス業のIT系に属する企業です。

ダバオ出身Dennis Uy氏が買収し、国内で三番目に大きな通信会社になることを国の情報通信技術省から命名されたということで、期待がされています。

ダバオといえばフィリピンのドゥテルテ大統領の出身地であり、元ダバオ市長でもあります。

そして現在のダバオ市長はドゥテルテ大統領の娘。

いろいろと命名された理由を考えてしまいますね。

ISM Communications Corp (PSE: ISM) has recently disclosed that business tycoon Dennis Uy is acquiring the company to backdoor list his holding company, Udenna Corporation in the stock exchange.


Once the share swap is completed, ISM shall be renamed Udenna Holdings Corporation to reflect the new business of the listed company.

Udenna is one of the fastest-growing conglomerates with a well-diversified portfolio. Among its biggest holdings include 51.4-percent ownership in Phoenix Petroleum; 70 percent in Chelsea Logistics Holdings and 100 percent of Enderun College.

Just recently, Udenna, in partnership with Mindanao Islamic Telephone Company and state-run China Telecom, was named by the Department of Information and Communication Technology (DICT) to become the third major telecom player in the country.

Expect the stock to continue to be volatile next year as the company gears up for possible follow-offering.

https://www.entrepreneur.com.ph/news-and-events/financial-adviser-5-best-performing-stocks-in-2018-that-gained-up-to-1-377-in-one-year-a23-20190101-lfrm

ISM Communications Corp(PSE:ISM)は最近、ビジネス大物のDennis Uyが証券取引所で彼の持ち株会社であるUdenna Corporationをバックドアリストに載せるために同社を買収したことを明らかにした。
 
株式交換が完了すると、上場会社の新事業を反映するためにISMはUdenna Holdings Corporationに改名されるものとします。
 
Udennaは、多様なポートフォリオを持つ最も急成長しているコングロマリットの1つです。 最大の保有物の中には、フェニックス石油の51.4%の所有権が含まれています。 チェルシー物流ホールディングスで70%、エンデルン大学で100%。
 
つい最近、Udennaは、Mindanao Islamic Telephone Companyおよび国営のChina Telecomと提携して、情報通信技術省(DICT)から、国内で3番目の主要な通信会社になることを命名されました
 
来年も株価が変動し続ける可能性があると予想している。

Google翻訳

ATN Holdings 【ATN +236%】

ATNはホールディングカンパニーです。

現在開発中の土地の地質調査をしたところ、合計で3億7,700万トンの岩石資源を生み出す可能性があることがわかりました。

そのあたりが急騰につながったようです。

そういう意味では今回挙げた5社のなかでは、ATNが唯一「まともな」理由で株価が上がったといえるのではないでしょうか。

あとは買収、裏口上場がらみです。

ATN Holdings (PSE: ATN) is in the business of real estate leasing and healthcare. It is majority-owned and controlled by Arsenio T. Ng, whose initials represent the name of the holding company.

Early this year, ATN disclosed that it obtained approval for its 256-hectare property in Barangay Macabud, Rodriguez, Rizal to be declared as a Special Economic Zone.

The property, which will be known as ATN Industrial Technology City, will allow ATN to secure investors and international partners, who have expressed interest to join the government’s infrastructure program.

ATN also disclosed that after conducting geological assessment on its property, it was found that it has rock resources that could yield a combined volume of 377 million tons, potentially making ATN the single biggest high-quality rock supplier in Metro Manila.

This exciting development at ATN apparently pushed the stock price to by over 200 percent to Php1.40 per share.

ATN Holdings(PSE:ATN)は、不動産リースおよびヘルスケアの事業を行っています。 それは過半数所有でArsenio T. Ngが支配しています。その頭文字は持ち株会社の名前です。
今年初め、ATNは、RizalのRodriguezにあるBarangay Macabudにある256ヘクタールの不動産が経済特区として宣言されることを承認したことを明らかにした。
 
この物件は、ATN Industrial Technology Cityとして知られることになり、ATNが政府のインフラプログラムに参加することに関心を表明している投資家や国際的なパートナーを確保することを可能にします。
 
ATNはまた、その土地の地質学的評価を行った結果、合計で3億7,700万トンの岩石資源を生み出す可能性があることを明らかにした。
 
ATNのこのエキサイティングな発展は、明らかに株価を1株あたり1.44ペソにまで200パーセント以上押し上げました。

Google翻訳

Philippine Infradev Holdings 【IRC +204%】

IRCは不動産系の企業です。

買収により急騰したようです。

買収したTiu氏はフィリピンのビジネス街マカティ市の地下鉄システムプロジェクトの資金調達を目的に実施したようです。

Philippine Infradev Holdings (PSE: IRC) used to be known as IRC Properties until the group of investors led by Antonio Tiu acquired majority control of the company recently.

The acquisition, which is essentially a backdoor listing, will allow Tiu’s group to raise funds in the future to finance its Makati subway system project, which is estimated to cost about Php200 billion be completed in five years.

Antonio Tiuが率いる投資家グループが最近会社の過半数の支配権を取得するまでは、フィリピンのインフラデフホールディングス(PSE:IRC)がIRCプロパティとして知られていました。
 
この買収は基本的にバックドアリスティングであり、Tiuのグループが将来マカティ地下鉄システムプロジェクトの資金を調達するために資金を調達することを可能にする。

Google翻訳

バックドアリスト(裏口上場)がよく使われる

GREEN、ISM、IRCのGoogle翻訳のところにもでてきていますが、「バックドアリスト」という単語がでてきています。

日本語では「裏口上場」と呼ばれる手法で、上場会社を買収して、自分の会社と合併することで正式な上場の手続きを踏まずに上場することができてしまうようです。

日本だとこのような手段は禁じられており通用しないですが、フィリピンではわりと使われているようです。

フィリピン株2018年の上昇銘柄5つをご紹介しました。

この記事がお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました